このページの本文へ移動

山陰終末処理場消化ガス発電事業について

公開日:2019年8月6日


 山陰終末処理場では、下水処理の過程で発生する汚泥の消化ガスを活用した消化ガス発電事業を実施しています。「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT制度)」の適用を受けた民設民営の消化ガス発電事業を行い消化ガスの有効利用を促進し、地球温暖化防止に貢献しています。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?