このページの本文へ移動

社会資本整備総合交付金事業(下関市宅地耐震化推進事業)の事後評価について

公開日:2019年8月15日


社会資本整備総合交付金

 
 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組を国が支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的として、平成22年度に創設されました。
 

社会資本総合整備計画

 
 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施する場合には、社会資本総合整備計画(以下「整備計画」という。)を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。
 また、交付期間の終了時には、整備計画の目標の実現状況等について、事後評価を行うこととなっており、整備計画と併せてこれらを公表することとなっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第10の1)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?