このページの本文へ移動

下関市ふるさと起業家支援補助事業の寄附金受付を開始しました

(下関市クラウドファンディング)
 

   

公開日:2019年10月7日


 市では、社会・地域課題解決事業及び地域振興事業を市内で行う起業家などを対象に、クラウドファンディング型のふるさと納税を財源として補助を行う「下関市ふるさと起業家支援補助事業」を実施します。
 この度、5つの事業を認定し、令和元年10月7日から令和元年12月20日まで寄附金受付を行います。認定した事業はクラウドファンディングサイト「KAIKA」に掲載し寄附金を募集します。皆様の寄付相当額が事業者への補助金額となります。補助金は目標金額を達成した場合のみ事業者へ交付され、目標金額を達成しなかった場合、寄附金は返金されます。各事業実現のため、皆様の寄附をお願いいたします。

 

島戸ゲストタウンプロジェクト2                   

  ~空き家をレストラン機能を併設したゲストハウスに~

 角島大橋に程近い過疎化の進む豊北町島戸地区の空き家を「レストラン機能を併設したゲストハウス」に再生し、気軽に食事したり滞在したりできる環境を整え、ひいては移住・定住の促進へと繋げていくことを目的としたプロジェクトです。

認定事業者  株式会社 海耕舎

目標金額     500万円

返礼品           宿泊券、各種マリンレジャー体験、地元海産物・農産物セット等

 

 www.shimonoseki-city.kaika-cf.jp/projects/detail.php  クラウドファンディングページ(島戸ゲストタウンプロジェクト2)

 

障害者が働ける地ビール工場プロジェクト 

    ~泡で下関を盛り上げよう!!~

 今まで下関にはない❝下関オリジナル地ビール工場❞を造り、下関土産の新たな産品を生み出し地域振興を図るとともに、工場で働く障害者の雇用を創出し障害者の働く場が少ないという地域課題を解決するプロジェクトです。 

認定事業者 NPO法人 シンフォニーネット

目標金額   500万円

返礼品     地ビール・特産品セット等

 

 www.shimonoseki-city.kaika-cf.jp/projects/detail.php クラウドファンディングページ(障害者が働ける地ビール工場プロジェクト)

 

グランピングステージ島戸プロジェクト      

   ~ちょっとお洒落なアウトドア体験をあなたに~

 過疎化が進み70軒以上の空き家が点在する豊北町島戸地区で、❝グランピング❞という手法を取り入れ、田舎でなくてはできない体験を提供するとともに、一次産業に従事する地域事業者の連携を推進するプロジェクトです。

認定事業者 リソースネット下関・豊北

目標金額   500万円

返礼品     宿泊券、各種マリンレジャー体験、地元海産物・農産物セット等

 www.shimonoseki-city.kaika-cf.jp/projects/detail.php  クラウドファンディングページ(グランピングステージ島戸プロジェクト)

 

住宅型有料老人ホーム「アートホーム」プロジェクト  

      ~アートホームは住まいです!~

 稗田北町に3棟ある平屋建ての空き家を、1棟は事務所兼住宅に、2棟を有料老人ホームにリフォームし、要介護の方を少人数(定員6名)受け入れる介護事業所を立ち上げるプロジェクトです。

認定事業者 株式会社 ART(アート)サービス

目標金額   150万円

返礼品       安心エンディングノート、特産品等

www.shimonoseki-city.kaika-cf.jp/projects/detail.php  クラウドファンディングページ(住宅型有料老人ホーム「アートホーム」プロジェクト)

 

くじら・ふくミュージアムプロジェクト 

     ~下関特有の文化の発拠点を作りたい!~

 下関の名産である『くじら』・『ふく』の歴史や文化を発信する新たな観光交流拠点となるミュージアムを造る事で、市外から来ていただける方々に下関ならではの魅力を知ってもらいながら、地域の方々とも交流できる場にしていくプロジェクトです。

認定事業者 株式会社 VAMOS

目標金額   200万円

返礼品       ランチお食事券、特産品(くじら、ふく)等

 

 www.shimonoseki-city.kaika-cf.jp/projects/detail.php クラウドファンディングページ(くじら・ふくミュージアムプロジェクト)

 

申込方法

   寄附を希望される方は、各事業のクラウドファンディングページをご利用ください。

ふるさと納税の概要と注意点について

  ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を超える部分について税金が控除される制度です。(一定の上限があります。)(詳細は、総務省HPを参照)

  税金控除を受けるためには、原則、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行っていただく必要があります。ただし、確定申告が必要でない給与所得者等であり、1年間のふるさと納税の寄附先が5自治体以内の方は「ワンストップ特例制度」の適用を受けることにより確定申告の手続きが不要となります。
  ワンストップ特例制度を受ける方は、寄附をした年の翌年1月10日までにワンストップ特例申請書を下関市に提出してください。
  寄附をいただいたすべての方に下関市から寄附金受領書を送付しますので、確定申告を行う場合は、確定申告書に添付の上、所轄の税務署へ提出してください。
  

<注意事項>
※ 法人が寄附していただいた場合は、寄附金額の全額または一定の限度額まで 
損金に算入できます。(詳細は国税庁HPを参照) 

※ 頂きました個人情報は、下関市より認定事業者へ提供させていただきます。 

※ 誠に恐れ入りますが、目標金額達成後、何らかの理由により事業が実施できなくなった場合は、本市の地域振興に資する事業に活用させていただきますので、あらかじめご了承ください。                    

【 申込書の送付先、寄附に関するお問合せ】

下関市産業振興部産業振興課

Tel:083‐231⁻1265

Fax:083-235-0910

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?