このページの本文へ移動

唐戸浮桟橋(1号)及び唐戸浮桟橋(2号)のネーミングライツ・パートナー優先交渉権者決定について

公開日:2019年10月9日


 本市では、唐戸浮桟橋の長期的、継続的な運営基盤を確立するための新たな財源を確保し、市民サービスの向上を図ることを目的に、ネーミングライツ(法人名等の愛称を付与する権利)を導入することとし、ネーミングライツ・パートナー(施設命名権者)を令和元年8月26日から令和元年9月30日まで募集しました。

 令和元年10月7日に選定委員会を開催した結果、次のとおりネーミングライツ・パートナーの優先交渉権者が決定しました。

 

 【対象施設】 唐戸浮桟橋(1号)及び唐戸浮桟橋(2号)

1.応募者数     2者

2.優先交渉権者  関門汽船株式会社

            (北九州市門司区西海岸一丁目4番1号)

3.次点者      株式会社セービング

            (下関市幡生宮の下町8-12)
 


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?