下関この1年2019年

公開日:2019年12月2日

  • mixiチェック
  • Google Plus

下関市のこの1年を振り返るものとして、「下関この1年2019」と題し、2019年中に市が行った重要な施策や、下関市内で起きた主な出来事をまとめました。

一覧

 

【写真で振り返る 下関この1年2019】

 

フェイスブックジャパン社と事業連携協定締結(1月) 

 フェイスブック社と事業連携協定

フェイスブック/インスタグラムを活用して地域経済、コミュニティの活性化を図ることを目的に事業連携協定を締結した。協定は神戸市に次ぎ全国で2例目。各種セミナーを開催した。

 

故古川薫さんが下関市名誉市民に(3月) 

 古川薫氏古川薫氏名誉市民授与式

直木賞作家の故古川薫さんに名誉市民の称号を贈呈した。授与式では、妻の古川香代子さんが名誉市民証書などを受け取った。1市4町合併後、初めての名誉市民。

 

あるかぽーと開発星野リゾートを選定(3月)

 星野リゾートの星野代表と握手する市長

あるかぽーと地区へのホテル事業者を公募し、優先交渉権者に星野リゾートが決定。今後、早期のホテル開業を目指し、にぎわい創出に取り組む。

 

下関港が官民連携による国際クルーズ拠点に指定(4月)

クルーズ客船

下関港が、官民連携による国際クルーズ客船の受入拠点の形成を図る港湾として、国土交通大臣より指定された。令和5年度からの運営開始に向け、施設整備を進める。

 

BOAT KIDS PARK Moovi(ボートキッズパークモーヴィ)下関オープン(4月)

モーヴィで遊ぶ子供 

ボートレース下関場内にMooovi下関がオープンした。10月には来場者数3万人を達成し、赤ちゃんから小学生まで楽しめる新しい屋外遊び場として、親しまれている。

 

小・中学校でエアコンの運転開始(6月)

 エアコンを稼働

ボートレース下関の収益金などを基に、市内の小・中学校の全普通教室へエアコンを設置。6月25日の熊野小学校を皮切りに、全小・中学校でエアコン運転を開始した。

 

商業捕鯨再開捕鯨船団下関出港(7月)

出港する捕鯨船

商業捕鯨が31年ぶりに再開され、基地である本市から捕鯨船団が出港した。10月に帰港し、約1,060トンの鯨肉が本市に陸揚げされた。

  

下関陸上競技場リニューアルオープン(7月)

リニューアルした陸上競技場
 

第2種陸上競技場として公認保留(不合格)とされた下関陸上競技場が、1億円のスポーツ振興くじ助成金を受けて、全天候舗装の改修工事を実施。改めて公認された。

  

世界柔道選手権大会トルコ柔道事前キャンプ(8月) 

 トルコから来た選手と柔道をする子ども

トルコ柔道代表チームが、世界柔道選手権東京大会に向け、事前キャンプを本市で行った。滞在期間中は、歓迎セレモニーと柔道教室を開催。市民との交流を図った。

  

しものせき海響グルメフェス初開催(10月)

 グルメフェスの様子

本市が誇るS級グルメ(新鮮で素敵な食材を使ったスペシャルな料理)を楽しむ食のイベント「しものせき海響グルメフェス」を初開催。約1万5,000人が来場し、にぎわった。 

  • このページについてのお問い合わせ
  • 総合政策部 広報戦略課
    〒750-8521 下関市南部町1番1号
    Tel:083-231-2951
    Fax:083-223-1300