このページの本文へ移動

(記者発表資料)「下関歴史VR探索マップ」の実証事業開始について

公開日:2019年12月9日


令和元年12月9日
部課名 観光スポーツ文化部観光政策課
課長名 植田 禎俊
係長名 一柳 大志
連絡先 083-231-1350

1.内 容
 観光庁が実施する「最先端観光コンテンツ インキュベーター事業」における展開事業
  において、世界初の最先端技術を搭載した「下関歴史VR探索マップ」による実証事業
  を開始するもの。下関のバーチャルマップ上を歩きながら「城下町長府」「下関戦争」
 「壇ノ浦の戦い」「海港都市下関の賑わい」「巌流島の決闘」という5つのテーマで下関
 の魅力を紹介する。

2.事業概要
  ・実施期間:令和元年12月15日(日)~令和2年1月31日(金)
          ※但し、12月31日(火)~1月2日(木)は休み
 ・受付時間:9時~15時
 ・実施場所:カモンワーフ前 特設ブース
 ・料 金:VR体験のみ 500円(消費税込み)
      VR体験・バス・渡船セット 2,000円(消費税込み)
       ※サンデンバス(下関駅~城下町長府)・関門汽船(唐戸、門司、巌流島)
        乗り放題をセットにした1DAY PASS。
        12歳以下 1,200円
 ・特  典:長府毛利邸・長府庭園・海峡ゆめタワー 入場料割引
        カモンワーフ・ふくの関長観光会館店 買い物割引

4.その他
【令和元年度最先端観光コンテンツインキュベーター事業におけるモデル事業について】
  (1)最先端観光コンテンツインキュベーター事業とは、新たな体験型観光
    コンテンツを開拓・育成し、訪日外国人旅行者の満足度の向上や地方
    部における交流人口の拡大、さらには訪日外国人旅行消費額の増加
    を目的とした事業。
  (2)担当省 :国土交通省観光庁観光地域振興部観光資源課


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?