このページの本文へ移動

下関市災害時サポーターの登録を募集します

公開日:2020年6月23日


下関市災害時サポーター登録制度とは

 近年、地震や台風といった自然災害が多発しており、全国各地で甚大な被害を及ぼしています。
 このような、災害時には、自分たちの命は自分で守る「自助」、地域で助け合う「共助」、行政等公的機関が行う救助・援助「公助」が、それぞれの機能を果たしながら、うまく連携することが求められます。
 しかし、行政等公的機関が行う支援や対応には限界があります。例えば、大規模災害の発生直後には、行政側からの物資等が届くのに時間がかかってしまうことや避難場所が被害に遭って使えない等様々な問題が起こることが考えれます。このようなことから、非常時には、地域で助け合う「共助」の活動が非常に重要となります。
 「共助」とは、近隣の住民同士、自治会、自主防災組織で助け合うものの他に、地域に所在する企業、団体等の支援も含まれ、その企業等からの支援は、地域にとって非常に大きな力となります。
 そこで、下関市では、「下関市災害時サポーター登録制度」を立ち上げ、本市において地震、風水害その他の災害等が発生し、又は発生するおそれがある場合において、自らが保有する資源等を地域住民に提供する等、地域支援が可能な企業、団体等を募集します。

下関市災害時サポーター登録一覧(災害時支援企業等)

募集の対象

 下関市内に所在し、災害時に無償で市民等に対して、支援内容の中で掲げる支援ができる企業等を募集の対象としています。

支援内容

 支援企業等が提供する支援は、次のいずれか一つ以上に該当するものとしています。
(1)一時避難場所となる土地、建物等の提供
(2)自家発電等による電力、ガス等の提供
(3)備蓄物資、資機材等の提供
(4)(1)~(3)に掲げるもののほか、災害時に必要となる支援

 登録企業等の責務

 登録企業等は、災害により被災された方々に対しての支援を可能な限りお願いします。しかし、支援する過程で問題が発生した場合は、登録企業等の責任において、解決するものとしてください。

費用等の負担

 支援による費用は、登録企業等の負担であり、市及び市民等には負担がないものとします。

住民への周知

 下関市災害時サポーターとして登録された後、企業等の支援内容等について、市民の方に広く知ってもらうため、下関市公式ウェブサイト内で掲載する等、広く住民に周知します。

登録等方法について

 下関市災害時サポーターとして登録を希望される際には、事前に電話又はメール等で防災危機管理課まで、ご相談ください。その後、下関市災害時サポーター登録申出書(様式1)及び支援企業等が提供する支援に関する調査票(様式2)を防災危機管理課まで、ご提出してください。
 登録を行ってから、登録内容の変更、登録の抹消が必要になりましたら、下関市災害時サポーター登録制度募集要項に従い、手続きを行ってください。手続きに必要な資料については、下のダウンロード欄にございます。
 その他、ご不明な点がございましたら、防災危機管理課まで、ご連絡ください。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?