このページの本文へ移動

下関港事業継続計画の改訂について

公開日:2020年2月27日


 下関港では、地震・津波等による大規模災害に対応し、地震・津波等が発生した際の港湾機能の維持及び早期復旧を図るため、下関港の関係行政機関、港湾利用者、関係団体からなる下関港事業継続推進協議会を設置し、平成28年3月22日に「下関港事業継続計画」を策定しましたが、策定後3年以上が経過したことから、令和2年2月20日に開催した第3回下関港事業継続推進協議会において、「下関港事業継続計画」の改訂案について説明、意見交換を行い、同日付けで改訂をいたしました。

 なお、災害時には漂流物等で閉塞した航路等を速やかに啓開する必要があるため、同協議会ではその具体の手順や実施体制を定めた「下関港航路等啓開要領」の案についても説明、意見交換を行い、同日付けで新規策定しております。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?