このページの本文へ移動

(記者発表資料)令和4年度以降の下関市成人式について

公開日:2020年3月12日


部課名 教育委員会教育部生涯学習課  

課長名 異儀田 正康  係長名 下村 嘉明

連絡先 083-231-7968

 

  平成30年6月13日に民法の一部を改正する法律が成立し、令和4年4月1日以降、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。このことを踏まえ、令和4年度以降の下関市成人式の参加対象年齢等について次のとおり決定しました。

 

1.参加対象年齢

(1)対象年齢 従来どおり、年度内に20歳を迎える者

(2)理由 

ア 対象年齢を新成年年齢の18歳とした場合、参加対象者の大半が高校3年生で、進学や就職の準備等の多忙な時期と重なり、式典参加が困難となることが見込まれるため。

イ 飲酒・喫煙などの年齢制限が無くなる区切りの年齢は20歳であるため。

ウ 対象者を新成年年齢の18歳とした場合、令和4年度開催式典は、対象者が18,19,20歳となり、大人数を収容する会場確保等、運営に支障が生じるため。

 

2.式典開催時期

(1)実施時期 成人の日の前日の日曜日(予定)

(2)理   由 下関市では例年、成人の日の前日の日曜日に成人式を行うことが定着しており、また、3連休の中日でもあることから転出者も帰省しやすいため。

 

3.式典名称

(1)名 称  「二十歳(はたち)を祝う会(仮称)」

(2)理 由  新成年年齢の18歳を対象とするのではなく、20歳を対象とするため。


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?