このページの本文へ移動

新型コロナウイルス感染症について(保健所)

公開日:2021年1月22日



新型コロナウイルス対策についてのお願い 

 

 

【新着情報】


▼1月22日
※下関市内で第166~172例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。(詳細)
▼1月21日
※下関市内で第165例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。(詳細)
▼1月20日
※下関市内で第156~164例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。(詳細)
▼1月19日
※下関市内で第141~155例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。(詳細)
▼1月18日
※下関市内で第137~140例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。(詳細)
※下関市におけるCOVID-19モニタリング指標を更新しました。
 

このページの目次

見たい項目のリンクを押すと該当箇所へジャンプします


COVID-19モニタリング指標


下関市内での発生について


発熱などの気になる症状がある方へ


相談窓口からのお知らせ


市民のみなさまへ


事業者のみなさまへ 


新型コロナウイルス感染症に関する当市の動き


関連リンク
 

このページ外の情報

 ページ外のその他の情報は「新型コロナウイルス感染症に関する情報」をご確認ください。
 

 

COVID-19モニタリング指標

〇本市におけるCOVID-19のモニタリング指標(1月17日現在)
モニタリング指標

※「病床のひっ迫具合(病床占有率)」には他市から受け入れた入院患者を含み、他市に受け入れを依頼した入院患者は含みません。 
※「直近1週間とその前週の新規感染者数の比較」の「増減率」は前週の新規感染者数が0人の時は「‐」と表示します。
※「感染経路不明割合」は新規感染者数が0人の時は「‐」と表示します。
※ステージ3及び4の指標は目安であり、これらの指標をもって機械的に判断するのではなく総合的に判断します。
【ステージ1】感染者の散発的発生及び医療提供体制に特段の支障がない段階
【ステージ2】感染者の漸増及び医療提供体制への負荷が蓄積する段階
【ステージ3】感染者の急増及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階
【ステージ4】爆発的な感染拡大及び深刻な医療提供体制の機能不全を避けるための対応が必要な段階

 〇下関市の新型コロナウイルス感染症の動向については、次のリンク先をご覧ください。
下関市の新型コロナウイルス感染症の動向について
 

 

下関市内での発生について


下関市の感染者数:171(入院等:76人/退院:95人)
※下関市発生例12・13は、PCR検査を依頼した主体が下関市であったため下関市でカウントしています。山口県では居住地の山陽小野田市でカウントされているため、山口県が公表している下関市の感染者数と2件相違があります。
※下関市発生例27は欠番のため発生例の番号と感染者数に1件相違があります。


 下関市内における新型コロナウイルス感染症の発生状況については、次のリンク先をご覧ください。
新型コロナウイルス感染症の下関市内での発生について」 


〇3月28日に福岡県が公表した新型コロナウイルス感染症患者(第21例目)の濃厚接触者については「福岡県が公表した新型コロナウイルス感染症患者(21例目)について」をご覧ください。

〇4月1日に北九州市が公表した新型コロナウイルス感染者に下関市在住の方がおられました。詳細は「新型コロナウイルス感染症の市内感染者の確認について」をご覧ください。

〇5月28日に北九州市が公表した新型コロナウイルス感染者に下関市在住の方がおられました。詳細は「新型コロナウイルス感染症の市内感染者の確認について」をご覧ください。

 
 

発熱などの気になる症状がある方へ

発熱などの気になる症状がある方へ

 今後のインフルエンザ流行期においては、新型コロナウイルス感染症との鑑別が難しい、発熱等の症状を訴える方が大幅に増えることが予想されます。そこで、患者さんに円滑に必要な医療を受けていただき、医療機関での院内感染防止を図るため、以下の点についてご注意ください。

【かかりつけ医のある方】
 まずは、かかりつけ医に電話でご相談ください。かかりつけ医での受診が難しい場合は、発熱外来等の医療機関をご案内します。

【かかりつけ医のない方、相談する医療機関に迷われる方】
 下記連絡先までご連絡ください。発熱外来等の医療機関をご案内します。

 〇受診・相談センター
 #7700
 (専用ダイヤル:毎日24時間対応)
 IP電話、ひかり電話など#7700を利用できない場合はこちらへ
 083-902-2510

 〇下関市受診案内窓口
 083-242-0134
 (平日9時~17時) 

発熱などの症状がある方へ」 

 発熱等の症状がある方へ

発熱外来(地域外来・検査センター) 

新型コロナウイルス感染症の今後の感染拡大に備え、下関市医師会及び下関市薬剤師会の御協力のもと、令和2年8月12日(水)から、発熱外来がPCR検査のできる「発熱外来(地域外来・検査センター)」となります。診療の結果、新型コロナウイルスの感染疑いがあると診断された方に検査を実施します。

対象者は、市内在住の中学生以上の方で、以下の症状がある方です。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

詳細は「発熱などの気になる症状がある方へ(医療機関受診方法のご案内) 」内の「発熱外来(地域外来・検査センター)のご案内」をご覧ください。
※発熱外来を受診した方が、すべてPCR検査の対象になるとは限らないのでご了承ください。

 

 相談窓口からのお知らせ

新型コロナウイルス相談窓口

【受診・相談センター】

 山口県が新型コロナウイルス感染症に関する症状や感染予防、検査方法などの様々な相談に対し、直通で毎日24時間、専従スタッフによる適切な助言や情報提供が受けられる専用ダイヤルを設置しています。※11/1から名称が「受診・相談センター」に変更になりました(電話番号は変更なし)。

 〇受診・相談センター
 電話番号:#7700(毎日24時間対応)

   IP電話、ひかり電話など#7700を利用できない場合はこちらへ

  電話番号:083-902-2510
 (毎日24時間対応)

 聴覚に障害のある方をはじめ、電話での相談が難しい方は別添相談票をコロナ専用FAX番号にお送りください。 
 〇コロナ専用FAX番号:083-902-2568
 夜間に受けたご相談は返信が翌日以降になりますので、緊急の場合は、スマートフォン等からインターネットを利用して音声によらない119番通報ができる『Net119緊急通報システム』をご利用ください。※Net119は事前登録が必要です。

【下関市受診案内窓口】

 電話番号:083-242-0134
 (平日 9時~17時)
 

【厚生労働省電話相談窓口】

厚生労働省の電話相談窓口は以下の番号です。
電話:0120-565653(9時から21時まで)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話での相談が難しい方はFAXをご利用いただくか、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。
FAX:03-3595-2756

 

 相談・受診の前に心がけていただきたいこと

・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。
・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。
・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。
 

相談する症状の目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

【妊婦の方へ】
 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに御相談ください。
【お子様をお持ちの方へ】
 小児については、小児科医による診察が望ましく、「受診・相談センター」やかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

※なお、この目安は、市民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

◎特に、次に該当する方におかれましては、マスクを着用するなどし、事前に上記「下関市受診案内窓口」へ連絡したうえで、指示に従い、受診していただきますよう、御協力をお願いします。

  1. 発熱又は呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する方であって、新型コロナウイルス感染症であることが確定した方(※1)と濃厚接触歴(※2)がある
  2. 37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に以下の地域(※4)に渡航又は居住していた方
  3. 37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に以下の地域(※4)に渡航又は居住していた方(※3)と濃厚接触歴がある方
  • ※1 濃厚接触前に退院基準を満たした方を除く
  • ※2 濃厚接触とは、次の範囲に該当するものである
    • 新型コロナウイルス感染症が疑われるものと同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があったもの
    • 適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護若しくは介護していたもの
    • 新型コロナウイルス感染症が疑われるものの気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高いもの
  • ※3 濃厚接触前14日以内に以下の地域(※4)に渡航又は居住していた方
  • ※4 特にご相談いただきたい地域は以下の地域です。
    • アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、エスワティニ、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、ガイアナ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガボン、カメルーン、韓国、ガーナ、カーボベルデ、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、ギリシャ、キルギス、キューバ、グアテマラ、クウェート、グレナダ、クロアチア、ケニア、コスタリカ、コソボ、コモロ、コロンビア、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、サンマリノ、シエラレオネ、ジブチ、ジャマイカ、ジョージア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリナム、スロバキア、スロベニア、スーダン、赤道ギニア、セネガル、セルビア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ソマリア、タイ、台湾、タジキスタン、チェコ、中央アフリカ、中国(香港及びマカオを含む。)、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トルコ、ナミビア、ニカラグア、ニュージーランド、ネパール、ノルウェー、ハイチ、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、パラグアイ、バルバドス、パレスチナ、ハンガリー、バングラデシュ、バーレーン、フィリピン、フィンランド、フランス、ブラジル、ブルガリア、ブルネイ、米国、ベトナム、ベネズエラ、ベラルーシ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、ポーランド、マダガスカル、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、モーリシャス、モーリタニア、ラトビア、リトアニア、リビア、リヒテンシュタイン、リベリア、ルクセンブルク、ルーマニア、レバノン、ロシア
       

相談後、医療機関にかかるときのお願い

・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
 

新型コロナウイルス感染症情報(下関市LINE公式アカウント内)

 下関市では、下関市LINE公式アカウント「下関市新型コロナウイルスよくある質問」を10月1日にリニューアルいたしました。
 リニューアルに伴い、新型コロナウイルス感染症に関するチャットボットのほか、下関市の情報をお届けするメニューが加わりました。
 新型コロナウイルスの感染とその拡大の防止についての情報は、下関市LINE公式アカウントのメインメニュー「新型コロナウイルス感染症情報」からご覧ください。
 「新型コロナウイルス感染症情報」メニューは、以下のQRコードによるLINE公式アカウントへの友だち登録により利用することができますのでぜひご登録ください。

 友だち登録URL https://lin.ee/mqOrJ4G

 友だち登録QRコード
友だち登録QRコード


 なお、リニューアルに伴い下関市公式ウェブサイト及びLINE公式アカウント「下関市新型コロナウイルスよくある質問」は9月30日で終了いたしました。

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるお問い合わせ

〇新型コロナウイルス感染症に関するよくあるお問い合わせについては、次のリンク先をご覧ください。
 「新型コロナウイルス感染症に関するよくあるお問い合わせ」

 

市民のみなさまへ

市民のみなさまへのお願い

感染拡大防止のためのお願い

  • 市民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の「咳エチケット」や「手洗い」などの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • 風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。
  • 集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

 感染リスクが高まる「5つの場面」

消毒・除菌方法について

  • 新型コロナウイルスへの感染は、ウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れること、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こります。
    このため、飛沫を吸い込まないよう人との距離を確保し、会話時にマスクを着用し、手指のウイルスは洗い流すことが大切です。さらに、身の回りのモノを消毒することで、手指につくウイルスを減らすことが期待できます。
    現在、「消毒」や「除菌」の効果をうたう様々な製品が出回っていますが、目的にあった製品を、正しく選び、正しい方法で使用しましょう。
    詳細は厚生労働省HP「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」をご確認ください。

 県をまたぐ移動について

  • 県をまたぐ移動については、本県の情報はもちろん、移動先の自治体が提供している情報等を確認し、感染リスクが高い施設の利用を控えるなど、慎重な行動をお願いします。

 

 外国人(がいこくじん) のみなさまへ

新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)を防(ふせ)ぐために気(き)をつけること

  • 人(ひと)が集(あつ)まりやすい場所( ばしょ)や感染(かんせん)を防(ふせ)ぐ取組( とりくみ)がされていないイベントに行(い)ったり、人( ひと)が集(あつ)まって一緒(いっしょ)に食事(しょくじ)をすることはできるだけしないようにしましょう。特( とく)に、多(おお)くの人( ひと)が集(あつ)まり、大(おお)きな声(こえ)を出(だ)す行事(ぎょうじ)、パーティーなどへはできるだけ行(い)かないようにしましょう。
  • イベントに行(い)ったり、人(ひと)が集( あつ)まって一緒(いっしょ)に食事(しょくじ)をする時(とき)は、人(ひと)と人(ひと)との間( あいだ)を空(あ)けて、手( て)の消毒(しょうどく)、マスクをつける、大(おお)きな声(こえ)で話(はなし)をしないなど、感染(かんせん)を防( ふせ)ぐために気(き)をつけましょう。
  • 街(まち)の中( なか)やお店(みせ)でたくさんの量(りょう)のお酒(さけ)を飲(の)んだり、夜( よる)遅( おそ)くまでお酒(さけ)を飲( の)んだりすることはできるだけしないようにしましょう。お酒( さけ)を飲(の)んで行事(ぎょうじ)へ行(い)くことは、できるだけしないようにしましょう。
  • 家族(かぞく)で家( いえ)で過(す)ごす、オンラインのイベントなど新( あたら)しい楽( たの)しみ方(かた)を考(かんが)えましょう。

 

適切な医療機関の受診について 

 新型コロナウイルス感染症への感染の懸念等により、医療機関の受診を控える方がいらっしゃると思いますが、過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
 コロナ禍でも持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です。
 自己判断で受診を控えると慢性疾患の症状悪化や免疫力低下によりウイルスに対抗できない状態になることがあります。
 健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

 厚生労働省では、上手な医療のかかり方に関する情報を随時発信しています。
 厚生労働省「上手な医療のかかり方.jp
 上手な医療のかかり方.jp内特設ページ「新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)について

「医療機関に行くのをためらわないでください「みんなで安心マーク」」ポスター 出典:日本医師会HPより

 

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発しました。
 このアプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

 詳細は厚生労働省ホームページをご確認ください。
 ・厚生労働省HP「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)

 

ペットを飼っているみなさまへ

新型コロナウイルス感染症について、ペットから人への感染は現時点では報告されていませんが、ペットを触った際は石けんや水で手を洗ったり、過度な接触を避けるなど一般的な衛生管理を実施してください。また、家族や知人など、もしもの時の預かり先を決めておきましょう。
詳細は「新型コロナウイルス関連情報」(環境省)をご覧ください。 

  

事業者のみなさまへ

〇新型コロナウイルス感染症の診断書や証明書について
 医療機関や下関保健所では、「新型コロナウイルス感染症ではない」という診断書や証明書を発行することはできません。
 事業主等の皆様には、診断書や証明書の提出を求めないよう、ご協力をお願いします。

〇下関市内の事業所や施設等において新型コロナウイルス感染症の患者が発生した際には、下関保健所が感染症法に基づく積極的疫学調査を実施しますのでご協力をお願いします。
 「新型コロナウイルス感染症発生時の下関保健所の調査について
 「新型コロナウイルス感染症患者の接触者リスト

〇「『換気の悪い密閉空間』を改善するための換気の方法」リーフレット 出典:厚生労働省HP

〇「熱中症予防に留意した『換気の悪い密閉空間』を改善するための換気の方法」リーフレット 出典:厚生労働省HP

〇旅館業営業者のみなさまへ、新型コロナウイルスに係る対応依頼を掲載しています。

〇ペット関連事業者のみなさまへ、ペットの預かり等について

 感染者の飼育するペットについての預かりを行う際は、受け入れる事業者において、その対応を行う職員から事前に受け入れについての合意を得る等の必要な対応を行ってください。なお、預かりの際は、東京都獣医師会作成の「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと」を参照してください。また、必要に応じて獣医師の助言を得るよう、お願いします。

  

   新型コロナウイルス感染症に関する当市の動き

新型コロナウイルス感染症対策本部会議等の開催状況(1月28日~)
 ・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく第1回下関市対策本部会議(4月8日)(要旨
 ・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく第2回下関市対策本部会議(4月14日)(要旨
 ・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく第3回下関市対策本部会議(5月1日)(要旨
 ・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく第4回下関市対策本部会議(5月12日)(要旨
〇新型コロナウイルス相談窓口(帰国者・接触者相談センター)設置(1月31日)
〇発熱外来設置(4月20日)
〇発熱外来(地域外来・検査センター)設置(8月12日)
〇下関市保健部新型コロナウイルス感染症対策推進室設置(9月1日)
〇下関感染対策チーム(SICT:Shimonoseki Infection Control Team)創設(11月16日)(概要
 

 関連リンク

   


ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?