このページの本文へ移動

新型コロナウイルスの感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時特例手続きの開始について

公開日:2020年5月7日


 令和2年5月1日から、新型コロナウイルスの感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時による特例免除申請の受付手続きが始まりました。

新型コロナウイルスの感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などにより収入が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除の手続きが可能になりました。

 また、学生についても、収入が相当程度まで下がった場合は、同様に本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料学生納付特例申請が可能となりました。

免除の詳細や手続きについては、お近くの年金事務所または下関市保険年金課にご相談ください。

  お問合せ先
 保険年金課 年金係 (083)231-1931
 下関年金事務所    (083)222-5587


※臨時特例手続きの詳細については、以下リンクをご確認ください。

               

 


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?