このページの本文へ移動

令和2年度 下関市防犯カメラ設置事業費補助金について

公開日:2020年10月2日


 下関市では、子どもや高齢者、女性等を狙った犯罪の抑止を目的に市内の通学路等を撮影する防犯カメラを設置する自治会等の地域団体に対し、設置費用の一部を助成します。


 なお、令和2年度は9月4日で申請受付を終了しております。

 事業概要については以下の通りです。

<補助対象事業>
カメラ、録画装置等の機器購入費及び設置工事に係る経費。
防犯カメラの設置を示す表示板等の設置にかかる費用。
その他設置に必要な費用
 ※リース契約や、ダミーカメラ、機器の保守費用、電気料金等の維持管理費は補助対象外。

<補助対象者>
市内の自治会またはその他地域住民により組織された団体が対象。

<補助金額>
補助対象経費の1/2に相当する額(1,000円未満切捨て)で、
1台につき10万円を上限とし、1自治会等につき20万円を上限。

<その他>
詳細につきましては要綱、ガイドライン、申請の手引き等(ダウンロードファイル)をご覧下さい。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?