このページの本文へ移動

所有者不明土地を地域のための事業に利用することができます

公開日:2020年7月28日


 近年、全国的に所有者がわからない土地が増えつつあります。所有者がわからない土地は、利用したくても利用することができず、大きな問題となっています。
 この問題に対応するため、「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」(所有者不明土地法)において、所有者不明土地を利用して地域のための事業を行うことを可能とする「地域福利増進事業」が創設されています(令和元年6月施行)。 

所有者不明土地とは?

 通常、土地の所有者に関する情報は、法務局が管理する登記簿に記録されています。この登記簿等を調査しても所有者が判明しない又は連絡がつかない土地を「所有者不明土地」といいます。

地域福利増進事業

 地域福利増進事業とは、所有者不明土地を利用して地域住民等の福祉や利便の増進のための施設を整備することができる制度です。制度の詳細は「地域福利増進事業パンフレット」をご覧ください。
 主な対象施設は次のとおりです。
  ・公園、緑地、広場、運動場
  ・道路、駐車場
  ・学校、公民館、図書館
  ・社会福祉施設、病院、診療所
  ・被災者の居住のための住宅
  ・購買施設、教養文化施設(周辺で同種の施設が著しく不足している場合等に限り、対象となります。) 

 事業に関するご相談は、都市計画課にお問い合わせください。

所有者不明土地問題に関する最近の取組について

 国土交通省のホームぺージをご覧ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?