このページの本文へ移動

産業廃棄物処理作業時における熱中症対策について

公開日:2020年6月16日


 夏季期間中に廃棄物処理に係る作業を行うにあたり、労働者が新型コロナウイルス感染症対策のためマスク等の防護具や肌の露出の少ない作業着(長袖・長ズボン)を着用する場合には、例年以上に熱中症対策を徹底する必要があります。

 各処理業者の皆様におかれましては、安全な労働環境の整備に努められますようお願いいたします。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?