このページの本文へ移動

「下関市経営支援給付金(理容業・美容業・療術業)」について

公開日:2020年6月23日


下関市経営支援給付金(理容業・美容業・療術業)について

1 施策の目的

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、経営に深刻な影響を被っている下関市内で理容業・美容業及び療術業を営んでいる方への支援として実施するものです。

2 給付対象者及び給付金額
(1)令和2年5月14日時点において、市内で理容師法及び美容師法による理容所開設・美容所開設の確認済証の交付を受けている法人または個人事業主の方

理容業・美容業営業の方
10万円

ただし次の方は対象外となります。
・営業を行っていない方(感染拡大のために、一時営業を休止している方を除く。)
・理容業・美容業が営業の主体でない方
・飲食事業者、宿泊事業者に対する下関市経営支援給付金を受け取った方
 
(2)令和2年5月14日時点において、市内で「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」による施術所開設又は出張業務開始の届出もしくは、「柔道整復師法」による施術所開設の届出を行っている法人または個人事業主の方

療術業営業の方(施術所事業者)
10万円

ただし、次の方は対象外となります。
・営業を行っていない方(感染拡大のために、一時営業を休止している方を除く。)
・療術業が営業の主体でない方
・飲食事業者、宿泊事業者に対する下関市経営支援給付金を受け取った方
 
※同一事業者が複数の店舗を営んでいる場合であっても、支給金額は1事業者分の給付となります。
3 申請方法

「経営支援給付金申請書」に必要事項をご記入の上、必要書類と併せてご提出ください。(「4 申請書類」のとおり)

なお、提出は郵送にてお願い致します。
※上記の営業許可を受けている方に申請書類等を6月23日(火)に発送の予定です

4 申請書類 

必ずご提出いただくもの

  □ 経営支援給付金申請書

  □ 受取口座の名義(フリガナ)・口座番号が確認できる書類
   (通帳表紙と口座名義人のフリガナが記載されたページのコピー、キャッシュカードのコピーなど)
        ※通帳やカードの実物を送付しないでください※

  □ 令和2年1月から5月までの期間で理容所・美容所・施術所の営業が確認できる仕入れ伝票等のコピー(仕入れ伝票がない場合は、金銭出納帳等の写しで構いません。)
 
必ずご提出いただく書類に加えて、いずれかひとつご提出いただくもの(理容所・美容所・施術所の営業をしていることが確認できる書類として)

  □ 過去1年間に提出した法人税申告書(別表一)のコピー

  □ 令和元年分の確定申告書(第一表)のコピー

  □ 上記申告書にかかる決算書(損益計算書、収支内訳書等)のコピー

電子申告をされた方:上記のいずれかに加え、受付番号が記載の画面を印刷したもの
上記書類がご用意いただけない場合は別途お問い合わせください。(創業間もないなど) 
5 交付
交付が決定後、申請書にご記入いただいた受取口座宛に、銀行振込にて交付を実施いたします。
 
□ 申請内容を審査し、給付金の交付・不交付を決定、通知します。(審査した結果、交付されない場合があります。)
 
□ 申請から振込までには所要の日数がかかります。申請に不備がなければ、概ね10日程度を想定しています。
 
6 申請期限
 令和2年8月31日(月)
 

 【お問合せ先】

下関市産業振興部産業振興課 「下関市経営支援給付金窓口」 
住所:〒750-0005 下関市唐戸町4番1号 カラトピア4階
電話:083-250-7273  FAX:083-250-7274

 【お問合せ時間】

平日8時30分から17時15分まで

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?