このページの本文へ移動

公立大学法人下関市立大学について

公開日:2020年7月31日


下関市立大学の独立行政法人化について

 下関市立大学は、「総合的な知識と専門的な学術を教授研究」するとともに、「地域に根ざし、世界を目指す教育と研究」を通じ有為な人材を育成しつつも、新たに「大学運営」という経営的な視点から、地域への説明責任を果たし、効率的かつ効果的な大学運営を目指すため、平成19年4月1日から、独立した法人格をもつ公立大学法人下関市立大学となりました。

中期目標の策定について

 下関市は、公立大学法人下関市立大学が6年間において達成すべき業務運営に関する目標『中期目標』を策定し、当該公立大学法人に指示しました。
 この中期目標の策定に当たっては、地方独立行政法人法の規定に基づき、あらかじめ当該公立大学法人及び下関市公立大学法人評価委員会の意見を聴くとともに、市議会の議決を経ています。
 

下関市公立大学法人評価委員会

 「公立大学法人下関市立大学」の中期目標・中期計画の策定に対する意見の申出や同法人の事業実績に関する評価等を専門的、客観的、中立的、公平的に審議する「下関市公立大学法人評価委員会」を設置しています。

組織 

地方独立行政法人法にかかる意見 

法人の業務実績評価  

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?