住まいが被害を受けたとき最初にすること

公開日:2020年9月1日

住まいが被害を受けたとき最初にすること

 災害で住まいが被害を受けたときは、あまりのショックに、何から手を付けたらいいか分からなくなるかもしれません。被災者の方々が一日も早く日常の生活を取り戻せるように、行政も様々な支援に動き出します。それらの支援も受けながら、一歩ずつ再建を進めていきましょう。 その支援を受けるためにも、被害状況を写真で撮るようお願いします。

 

 

<撮影上の留意点>
 ※枚数は最低限の数であり、これ以上の撮影枚数になっても構いません。
 ✓被害箇所は漏れなく撮影するよう留意してください。
 ✓被害が客観的に良くわかるよう、下記の手順を参考に各部位の撮影を実施してください。

(1) 建物の全景写真は可能な限り周囲4面を撮影(4枚)
(2) 浸水被害等がある場合、メジャー等をあてて全体を写した遠景と目盛りが読み取れる近景を撮影(2枚)
(3) 水害における外力が作用することによる一定以上の損傷が発生していると判断した場合には、その内容が分かる写真も別途撮影(2枚)
(4) 建物の傾斜角を撮影する場合、建物4隅の測定結果を撮影(4枚)
(5) 室内を撮影する場合、被災した部屋ごとの全景写真を撮影(複数枚)
(6) 被害箇所の面積割合が分かるよう、被害箇所も含む見切り範囲を撮影(複数枚)
(7) 被害程度が分かるよう、被害箇所のクローズアップ写真を撮影(複数枚)

  • このページについてのお問い合わせ
  • 総務部 防災危機管理課
    〒750-8521 下関市南部町1番1号
    Tel:083-231-9333
    Fax:083-231-9966