このページの本文へ移動

下関港クルーズセミナー2021を開催します

公開日:2021年2月19日


下関港クルーズセミナー2021の告知画像

下関港は、2019年4月に国から国際旅客船拠点形成港湾に指定され、クルーズ振興を進めています。
国内クルーズ客船は2020年10月下旬から内航に限って運航を再開したものの、新型コロナウイルス感染症により、依然として国内外のクルーズ客船の運航に大きな影響が生じています。
当セミナーでは、近い将来のクルーズ再開に向け、本市クルーズ振興への理解醸成を図るため、地域住民にクルーズの魅力を伝えるとともに、ウィズコロナ・アフターコロナの中、クルーズが地域で受け入れられるために港・船社・寄港地に何ができるのかを考えます。
 

日時

令和3年320日(曜日)午後130分から午後430分まで 

開催場所

下関グランドホテル2階飛翔の間(下関市南部町31番2号) 

定員

100名(抽選)

※定員後、参加いただけない場合のみ該当者に連絡します。

申込方法

所定の参加申込書(下記ダウンロード参照)をファックスするか、又は電子メールの場合は件名を「下関港クルーズセミナー2021参加申し込み」とし、必要事項(参加者名・住所・連絡先等)を記載し送信してください。 

<申込先>
下関市港湾局振興課
ファックス:083-233-0860
電子メール:cruise@city.shimonoseki.yamaguchi.jp 

申込期限

令和3年3月17日(水曜日)必着

プログラム

(1)基調講演(1)
 講演テーマ:クルーズと地域振興
 講演者:一般財団法人みなと総合研究財団
       首席研究員兼クルーズ総合研究所 副所長 沖田一弘氏
(2)基調講演(2)
 講演テーマ:クルーズの魅力
 講演者:株式会社MSCクルーズジャパン 代表取締役社長 オリビエロ モレリ氏
(3)パネルディスカッション
 テーマ:クルーズの安全性と地域の役割
 パネリスト:日本クルーズ客船株式会社 代表取締役社長 入谷泰生氏
        株式会社カーニバル・ジャパン 代表取締役社長 堀川悟氏
        シルバーシー・クルーズ社 日本・韓国支社長 糸川雄介氏
        株式会社MSCクルーズジャパン 営業部長 区 祥誠氏
        沖田一弘氏 (ファシリテーター)
(4)PRブース/クルーズ写真
  参加クルーズ船社のPRブース クルーズ写真家・篠本秀人氏の写真紹介 

主催等

(1)共催 下関港湾協会 下関市 山口県
(2)後援 国土交通省九州地方整備局 国土交通省九州運輸局
       下関海の日協賛会 瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会
        みなとオアシス全国協議会

問合せ先

下関港湾協会事務局(下関市港湾局振興課内) 電話:083-231-1277

その他

(1)新型コロナウイルス感染症の状況等により、プログラムに変更等の可能性があります。
(2)セミナー参加者用駐車場はありません。近隣の有料駐車場を利用してください。
(3)入場の際はマスクを着用してください。
(4)入場時の検温で37.5℃以上の方は参加できません。
(5)新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いします。

オンラインライブ放送

当セミナーは、当日、YouTubeライブでオンラインライブ放送します。

右記QRコードをORコードスキャナーで読み込むと、下関市港湾局振興課のYouTubeチャンネルに接続します。

※当日の開始時間までは、右記ORコードをスキャナーで読み込んでもセミナーは視聴できません。

 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?