このページの本文へ移動

区分支給限度基準額の利用割合が高く、かつ、訪問介護が利用サービスの大部分を占める等のケアプランを作成する居宅介護支援事業所の抽出について

公開日:2021年10月1日


【お知らせ】
 令和3年10月1日から、より利用者の意向や状態像に合った訪問介護の提供につなげることができるケアプランとなるよう、ケアプランを検証する新しい仕組みが導入されます。区分支給限度基準額の利用割合が高く、かつ訪問介護が利用サービスの大部分を占めるケアプランを作成する居宅介護支援事業所を事業所単位で抽出し、点検・検証を行います。
※厚生労働省より発出の通知及び事務連絡をダウンロードよりご参照ください。

 

【対象となる居宅介護支援事業所】
 区分支給限度基準額の利用割合が7割以上で、かつ、利用サービスの6割以上が訪問介護の基準に該当するケアプランを作成する居宅介護支援事業所


※なお、詳細につきましては追って掲載いたします。
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?