このページの本文へ移動

市長の部屋

市長挨拶

 明けましておめでとうございます。

 皆様におかれましては、令和2年の新春を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

 さて、昨年は新たな令和時代の幕開けに、日本中が祝賀ムードに溢れる年となりました。その一方で、相次ぐ台風の襲来による自然災害の恐ろしさを思い知らされる年でもあり、被災された皆様には心からお見舞い申し上げるとともに、市民の安全・安心を第一とする市長の重責に、改めて身の引き締まる思いがいたしました。

 また、私の公約でもありました新庁舎整備も、この2月には子育て支援施設を備え、市民の皆様にとって利便性が向上した、末永く愛される庁舎として完成いたします。

 懸案でありました「下関港ウォーターフロント開発」については、その第1弾となる「あるかぽーと地区」へのホテル事業者につきましても優先交渉権者を決定し、早期のホテル開業を目指しているところです。

 さらに、クルーズ客船の誘致についても、昨年4月に官民連携による国際クルーズ拠点に指定され、令和5年度からのクルーズ専用ターミナルの運営開始に向け取組を進めております。

 今後も、交流人口の拡大と地域経済活性化を目指し、新時代に向けた新たな取組を着実に進めてまいります。

 いよいよ国をあげての「東京2020オリンピック・パラリンピック」開催を迎えます。各会場では、選手たちが持てる力を最大限に発揮した熱い戦いが繰り広げられ、日本中が沸き立つ一年なることでしょう。

 私も就任から4年目を迎えますが、引き続き、市民の皆様が元気で将来に希望の持てるまちづくり、「希望の街・下関」実現のため全力で取り組んでまいります。今後とも皆様の温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 結びに、本年が皆様にとって良き年となりますよう心から祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 下関市長 前田 晋太郎