ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症 > 海外で新型コロナワクチンを接種した方について

本文

海外で新型コロナワクチンを接種した方について

ページID:0073404 更新日:2022年6月20日更新 印刷ページ表示

  海外で国内承認ワクチン(ファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社又は武田社(ノババックス))(※)の接種を受けている方は、接種済回数に応じて次回以降のワクチン接種を受けることができます。
(※)復星医薬(フォースン・ファーマ)/ビオンテック社製の「コミナティ」並びにインド血清研究所が製造する「コビシールド」(Covishield)及び「コボバックス」(COVOVAX)を接種した場合は、国内承認ワクチンを接種済みとみなします。

  上記以外のワクチンを接種した方は、本人又はその保護者が希望する場合は、ワクチンを接種することができます。
  ただし、日本で承認された新型コロナワクチンとそれ以外の新型コロナワクチンの交互接種に係る安全性等の科学的知見はないことをご理解ください。


市民事業者の方への支援策