ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > (記者発表資料)新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う即応病床の拡充について

本文

(記者発表資料)新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う即応病床の拡充について

ページID:0003610 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

部課名 豊田中央病院事務局

課長名 福田 智

課長補佐名 三好 猛

連絡先 083-766-1012

部課名 保健部地域医療課

課長名 藤野 綾

課長補佐名 本田 禎

連絡先 083-231-1714

1.件名

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う即応病床の拡充について

2.即応病床の拡充

 新型コロナウイルス感染症に対応する病床について、本市において感染者急増に伴い即応病床がひっ迫していることから、1月21日に市内公立・公的6病院及び回復期・慢性期病院並びに下関市医師会等と協議した結果、現在準備病床である下関市立豊田中央病院を2月上旬より当面の間即応病床とすること、地域医療に大きく影響するため、各医療機関が相互に連携、協力し対応することで合意いたしました。
 これに伴い、下関市立豊田中央病院においては、通常の外来診療(再診)は継続いたしますが、本日より当面の間救急患者の受付及び入院患者の受入は中止いたします。
 本市といたしましては、今後も医療従事者の皆様とともに新型コロナウイルス感染症対策に全力で取組み、市民の皆様の健康と命を守ってまいります。

即応病床の拡充の画像