ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > (広報・報道資料)新型コロナウイルス感染症に対する医療提供体制の拡充について

本文

(広報・報道資料)新型コロナウイルス感染症に対する医療提供体制の拡充について

ページID:0003615 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

部課名 保健部地域医療課

課長名 藤野 綾

課長補佐名 本田 禎

連絡先 083-231-1714

新型コロナウイルス感染症に対する医療提供体制の拡充について

 新型コロナウイルスの変異株については、我が国において小児への感染の広がりも懸念されていることを受け、本市における小児に対応した医療提供体制について、市内公立・公的6病院及び下関市医師会等と協議した結果、新たに、済生会下関総合病院において小児に対応した病床として3床確保いただくことで合意いたしました。
 これにより、本市で確保している病床は128床から131床に拡充いたします。
 なお、小児の受入については、関門医療センターにおいても、すでに確保いただいている病床の中で、4月1日から対応いただくこととなっております。
 本市においては、今後も感染状況に応じた新型コロナウイルス感染症対策に全力で取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染症に対する医療提供体制の拡充についての画像