テーマ一覧 > まちづくり・公園 > 下関市の魅力的な町づくりについての意見
  • ご意見を入力するときはこちらから。入力
タイトル 下関市の魅力的な町づくりについての意見
ご意見 下関市は、残念ながら、「何もないよ」と言われているようです。住んでいて、街並みが寂しいと思う事が多々あります。
せっかく、歴史もあるのに、町づくりに生かされていないのではないでしょうか。
若い世代の人にとっては、賑やかな街で、楽しめる、魅力的な町なことが大切だと思います。
私は、ずっと住む町なので、下関市が魅力的な町であって欲しいと常日頃から思っています。
個人で地味な活動ですがSNSなどを使って、地道に町づくりの活動が出来たら良いなと思っています。
回答  このたびは大変貴重な意見をいただき、またSNS等による本市PR活動へのご協力につきましても、誠にありがとうございます。
 本市は良好な自然環境や景観を有するとともに一定の都市機能も集積しており、若者が暮らす街としてある程度の魅力を兼ね備えていると考えております。また、平成25年度都市景観大賞を受賞した城下町長府地区では、先月、「歴史博物館」がオープンしたことで、本市が誇る「海峡に育まれた歴史と文化」の情報発信が強化され、より一層歴史を身近に感じることができる街づくりが進んでいます。
 こうした魅力を広くアピールするため、シティプロモーション推進事業として都市ブランドの確立と戦略的な情報発信にも取り組んでおります。本年7月には、大型商業施設にご協力をいただき高校生を対象としたファッションイベントを開催するなど、これまで取り組まれていなかったような面白い仕掛けも取り入れながら、若者に向けた魅力発信にも努めているところです。
 今後も引き続き、若者に限らず全ての世代の方々に「知りたい、行きたい、住みたい」と思っていただける、魅力あるまちづくりに取り組むことが、「選ばれる下関」に繋がるものと考えております。


2016年12月
企画課