ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健部(保健所) > 保健医療政策課 > 新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

本文

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

ページID:0066166 更新日:2022年12月26日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の陽性判明から療養終了までの流れ

​【重要】命の危険がある人等が迅速に利用できるよう、安易な救急車の利用はお控えください(詳細は「救急車の利用について」へ)​

​目次

(1) 陽性が判明されたすべての方へのお願い
(2) 発生届の届出対象の方
(3) 発生届の届出対象外の方
(4) 陽性が判明された方の同居家族について
(5) 療養の終了について

(1)陽性が判明されたすべての方へのお願い

 ■外出自粛について
  新型コロナウイルス感染症と診断された方(陽性者となった方)は、診断された時点から療養開始(就業等行動の自粛)となります。療養期間が終わるまで、感染拡大を防ぐため、出勤や登校等は控えていただき、ご自宅での待機をお願いします。療養期間に関しては、(5)療養の終了についてをご確認ください。
  ただし、有症状の場合で症状軽快から24時間経過後または無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなどの感染予防行動を徹底することを前提に食料品等の買い出しなど必要最小限の外出は差し支えありません。
 ■職場等への報告について
  新型コロナウイルス感染症と診断されたことは、通勤先(通学・通園先)等へ連絡をお願いします。特に重症化リスクのある方が多いと考えられる医療機関、高齢者施設、障害者施設にお勤めの方、またはこの施設を利用している方は早くにご連絡いただくようお願いします。
 ■療養生活等について
  下記に掲載している「自宅療養のしおり」をご確認ください。

  〇自宅療養のしおり [PDFファイル/2.08MB]

 ■救急車の利用について

 救急車は、生命の危機がある方や緊急の医療を要する方等が迅速に利用できるようにする必要があります。
 自宅での療養における対応は次の表を参考にしてください。あくまでも目安のため、表に該当しなくても命の危険があると判断した場合は救急車を呼んでください。
適正利用

■陽性判明後の流れについて

【発生届の届出対象の方はこちら】

 ※届出対象となるのは、以下4つの項目いずれかに該当する方

 ●65歳以上の方
 ●入院を要する方
 ●重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方、または、重症化リスクがあり、かつ新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方 
 ●妊婦

【発生届の届出対象外の方はこちら】​ 

 ※発生届対象となる4つの項目に該当しない方

​(2)発生届の届出対象の方

 ■届出対象の方は、診断した医師が保健所へ連絡・発生届を提出します。

 ■発生届に基づき、順次、保健所から電話にて疫学調査(体調等の確認)をします。新型コロナウイルス感染症と診断されてから2日経っても保健所から連絡がない場合は保健所にお問い合わせください。

 ■重症化リスクや症状等を踏まえ、療養先を決定しますが、軽症・無症状の方は、原則として自宅療養となります。

 ■届出の対象となる方へ、健康観察に使っていただくパルスオキシメータ(血液中の酸素飽和度を測定する機器)等の自宅での療養に必要な物品を貸与します。

 ■自宅での療養開始後は、毎日、発熱の有無や呼吸状態等の観察を行ってください。届出対象の方は保健所が健康観察を行います。受診の相談等は、まず診断を受けた医療機関または、かかりつけ医にご相談してください。なお、救急外来や下関市夜間急病診療所、下関市医師会発熱外来で診断された方は下記にお問い合わせください。

【陽性者:体調悪化等に関する相談窓口】

健康相談

 ■食料や日用品は原則として、ご自身で調達・確保をお願いします。ご自身での調達・確保が難しい場合は、別居のご家族等に協力を求めてください。濃厚接触者になる同居のご家族の食料の買い出しは不要不急に当たりません。マスクの着用等感染対策をして、人の少ない時間帯にお願いします。食料などの調達ができず、自宅療養セットを希望される場合はご連絡ください。申込先は、保健所からの連絡にてお伝えします。​

(3)発生届の届出対象外の方

 ■山口県が設置している「自宅療養者フォローアップセンター」に必ずご登録ください。ご登録いただくことで、自宅療養中の体調急変時における健康相談や生活相談を円滑に行うことができます。なお、下関保健所からの連絡はありません。
 フォローアップセンターへ登録する際、医療機関を受診された方については、診断時に配布されているチラシを手元にご準備ください。

   〇山口県ホームページ「自宅療養者フォローアップセンターへの登録について」<外部リンク>

 ■療養生活等の詳細については、山口県ホームページをご確認ください。

 ■宿泊療養施設での療養について
  ※発生届対象外の方は、まずは山口県が設置している「自宅療養者フォローアップセンター」にご自身の情報を登録ください。
 
  宿泊療養施設での療養については、以下のような方を優先させていただいています。
  以下に該当する方でも、個室での隔離が可能である場合は原則として自宅療養となります。
  ※同居家族に自宅療養者(陽性者)がおられても、感染対策をとった日が最終接触日となり、その翌日から5日間が外出自粛・健康観察期間となります。詳細は「(4)陽性が判明された方の同居家族について」参照
 
 【対象者】
  1.同居家族(陰性)に(1)悪性腫瘍(通院中)(2)免疫不全(3)腎不全(4)COPD(5)慢性腎不全(6)心血管疾患等の重度の基礎疾患で現在定期的な治療を受けている者や妊婦がいる。
  ※(1)~(6)に該当しない場合は、対象外となります。
  2.同居家族(陰性)に医療・介護・障害者施設に勤務する医療・看護・介護職がいる。
  3.同居家族(陰性)に65歳以上の者がいる。
 
 【注意】
  ・宿泊療養施設の空き状況等により、希望に添えない場合もあります。
  ・宿泊療養施設は安全面等を考慮し、小児は3歳以上、または成人は自立した生活を送れる方(例 介護・介助が不要な方)が対象です。
  ・宿泊療養施設へのご案内は、下記フォームに入力の翌日以降に順次行いますので、ご自宅で感染対策をとり、連絡をお待ちください。
 
 〇上記の対象者に該当し、かつ個室での隔離が難しい場合:宿泊療養施設での療養を希望する方はこちらから
 
 【参考】 宿泊療養施設での療養について [PDFファイル/60KB]
 

(4)陽性が判明された方の同居家族について

  同居家族については、(1)部屋を分ける(2)定期的な換気(3)マスク着用(4)手洗い・手指消毒の実施(5)共用部分の消毒やタオル等の共有を避ける等の感染対策を行ってください。これらの感染対策が日常生活を送るうえで可能な範囲でとれていれば、子どもの世話等で飲食・入浴・就寝等を共にしたり、看護や介護等を行う場合も含め、上記の感染対策をとった日を最終接触日とします。
 ■濃厚接触者の方へ

(5)療養の終了について

  療養期間
療養期間2
  厚生労働省の定める退院基準を満たすと療養終了(就業制限解除)になります。自宅での療養の場合、療養終了時に保健所から療養解除の連絡は行いません。
 ■有症状の場合(人工呼吸器等による治療を行った場合を除く)​
 (1) (2)以外の方
 →発症日(0日目)から7日間が経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合は8日目から療養期間解除となります。
  ただし、10日間が経過するまでは感染リスクがあるため、検温などの健康状態の確認、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食を避け、マスクを着用する等の感染予防行動を徹底してください。
 (2) 現に入院している方(高齢者施設入所者含む)
 →発症日(0日目)から10日間が経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合は11日目から療養期間解除となります。
 
 ■無症状の場合
 →無症状の方は、検体採取日(0日目)から7日間経過した場合は8日目から療養期間解除となります。
  5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、6日目に解除可能です。検査キットは必ず薬事承認されたものをご使用ください。なお、費用は自己負担となります。発生届の届出対象の方で、これに該当する方は自宅療養班(宿泊療養中の方は宿泊療養担当)にご連絡ください。
  ただし、7日間が経過するまでは感染リスクがあるため、検温などの健康状態の確認、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食を避け、マスクを着用する等の感染予防行動を徹底してください。
   無症状の方が発症した場合は、上記の有症状の場合をご確認ください。
 
  症状軽快とは…解熱剤を使用せず解熱しており、呼吸器症状が改善傾向である場合をいう
 
 ■9月25日以前に陽性の診断を受けた方で、症状が軽快せず療養期間を延長する場合は、延長する前に必ず自宅療養班にご連絡ください。
 
  〇新型コロナウイルス感染症 療養証明書の発行についてはこちら

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)