ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境 > 環境・衛生 > 令和4年度後期下関市スマートハウス普及促進補助金について(申請受付終了)

本文

令和4年度後期下関市スマートハウス普及促進補助金について(申請受付終了)

ページID:0001969 更新日:2022年9月30日更新 印刷ページ表示

 

 次世代型の住宅であるスマートハウスの普及を促進するため、住宅への燃料電池コージェネレーションシステム定置用リチウムイオン蓄電システム、家庭用エネルギー管理システム及びV2H充放電設備の設置に要する費用の一部を補助します。

お知らせ

抽選の実施について

 令和4年度後期下関市スマートハウス普及促進補助金の申請受付は終了しました。 

 なお、受付期間内の補助金の交付申請額の合計が後期予算の範囲を超えたため、下記のと
 おり交付審査の順番を決めるための抽選会を行います。

  1 日時    令和4年10月4日 午後2時より
     場所    下関市リサイクルプラザ啓発棟3階 第2研修室
          (下関市古屋町一丁目18番1号)
          ※ 駐車場は、環境部庁舎前の駐車場をご利用ください。

  2 抽選方法  回転式抽選器を使用し、市職員が行います。(公開抽選)

  3 結果発表  抽選日翌日以降に市ホームページで発表します。

  4 その他
   ・交付審査の順番を決めるための抽選であり、交付決定の抽選ではありません。
   ・来場の有無は抽選結果に関係ありません。
   ・抽選で決定した順番に交付申請書の審査を行い、交付・不交付を決定します。その際、
    補助金を交付すべきものとした交付申請における予定される交付決定額の合計が、後
    期予算の範囲を超えるときは、後期予算の範囲を超えることとなった交付申請以降の
    交付申請については、補助金を交付しないものとします。
   ・審査の結果は、抽選日から2週間を目途に交付決定通知書または不交付決定通知書で
    お知らせします。
   ・抽選会は自由に見学できますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクを
    着用の上、必要最小限の人数でお越しください。
     また、体調が悪い場合はご来場をお控えください。

後期申請の受付開始について

 9月1日から後期申請の受付を開始します。
 手引き等をご確認いただき、受付期間内に申請してください。
 ※様式は、前期申請から変更ありません。

令和4年度からの変更点

令和3年度まで受付は先着方式でしたが、令和4年度から受付を2期制(前期・後期)かつ抽選方式に変更いたしました。

対象機器の設置及び支払時期によって申請時期が異なりますのでご注意ください。

前期申請の場合(受付は終了しました)

前期申請のスケジュール
申請受付期間 令和4年4月1日から令和4年4月28日まで(必着)
完了報告書最終提出締切日 令和4年9月30日

後期申請の場合(受付は終了しました)

後期申請のスケジュール
申請受付期間 令和4年9月1日から令和4年9月30日まで(必着)
完了報告書最終提出締切日 令和5年2月28日

対象システム及び補助金額

対象システム

1 燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)

 新品で、都市ガスまたはLPガスを燃料として使用し、発電・排熱利用を行うシステムであること

 定格運転時において、0.5キロワットから1.5キロワットまでの発電出力があること

 既築住宅に設置するシステムであること

2 定置用リチウムイオン蓄電システム

 新品で、国の実施する定置用リチウムイオン蓄電システム導入支援に係る補助事業を行う者が指定するもの

 太陽光発電システムと連系し、または連系することを予定していること

3 家庭用エネルギー管理システム(HEMS(ヘムス))

 新品で、ECHONET(エコーネット) Lite規格適合性認証を取得していること

 空調、照明等の電力使用量を計測し、及びその情報を蓄積し、電力使用量の「見える化」が実現できること

 1以上の機器に対して、省エネに資する自動制御機能を有していること

 創エネルギー機器及び蓄エネルギー機器との接続機能を有していること

4 V2H充放電設備

 新品で、国の実施するV2H充放電設備導入支援に係る補助事業を行う者が指定するもの

 電気自動車等と住宅との間で電力を相互に供給することができるシステムであること

 太陽光発電システムと連系し、または連系することを予定していること

 ※それぞれの指定機器は下記のリンク先からご確認ください。

補助金額

対象システムと補助金額
対象システム 補助金額
燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)

補助対象経費の5分の1(上限80,000円

定置用リチウムイオン蓄電システム

次に掲げる額のうちいずれか少ない額。(上限200,000円。)

(ア)補助対象経費の5分の1

(イ)当該リチウムイオン蓄電池部の蓄電容量1kWh(キロワットアワー)につき20,000円を乗じた額

家庭用エネルギー管理システム(HEMS(ヘムス))

補助対象経費の5分の1(上限20,000円

V2H充放電設備 補助対象経費の5分の1(上限50,000円

※1,000円未満の端数が生じる場合はこれを切り捨てた額とする。

補助対象者

  1. 市民または市民となる予定である者
  2. 対象システムは、本補助金の交付を受けようとする者が自ら購入し、所有するものであること(リース不可)
  3. 市税の滞納がないこと
  4. 対象システムの設置工事着手前であること
  5. 前期申請を行うものにあっては、令和4年9月30日までに事業を完了し、完了報告書を提出できる者
  6. 後期申請を行うものにあっては、令和5年2月28日までに事業を完了し、完了報告書を提出できる者

申請受付期間及び抽選予定日

申請受付期間

各期の申請受付期間
前期 令和4年4月1日から令和4年4月28日まで(必着)
後期 令和4年9月1日から令和4年9月30日まで(必着)

※予算枠を超える申請があった場合は抽選を行います。

抽選予定日

各期の抽選予定日
前期 令和4年5月10日
後期 令和4年10月4日

※抽選予定日は変更になる可能性があります。

※抽選により交付申請の審査等を行う順番を決定します。順番に内容を審査し、補助金を交付すべきものとした交付申請における予定される交付決定額の合計額が予算の範囲を超えるときは、当該予算の範囲を超えることとなった交付申請以降の交付申請については、補助金を交付しないものとします。したがって、抽選で決定した審査の順番によっては、補助金を交付しない場合がありますのでご注意ください。

※抽選を実施した場合、抽選実施日から起算して2週間を目途に、交付決定者には下関市スマートハウス普及促進補助金交付決定通知書(様式第2号)を、落選者には下関市スマートハウス普及促進補助金不交付決定通知書(様式第3号)を送付します。交付決定者は、交付決定通知書が届き、市職員による現地確認後に対象システムを着工してください。

※前期申請で抽選から外れた場合、条件を満たしていれば後期に申請することができます。

予算

各期の予算
前期予算 350万円
後期予算 350万円(予定)

※前期申請の結果によって、後期予算を変更することがあります。

申請方法

 申請書に必要な書類を添えて、持参もしくは書留・簡易書留などの配達記録が確認できる郵送方法により、環境政策課(〒751-0847 下関市古屋町一丁目18-1)へ。

完了報告書最終提出締切日

各期の完了報告書最終提出締切日
前期 令和4年9月30日
後期 令和5年2月28日

対象システムの設置工事が完了した日もしくはその代金の支払を完了した日のいずれか遅い日から起算して30日を経過した日または各期の完了報告書最終提出締切日のいずれか早い日までに完了報告書を提出してください。

ダウンロード

リンク

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)