ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民活動・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 文化施設 > 審査基準と標準処理期間(市民会館の使用料の減免)

本文

審査基準と標準処理期間(市民会館の使用料の減免)

ページID:0003848 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

申請に対する処分の概要

市民会館の使用料の減免

根拠法令

下関市民会館の設置等に関する条例(平成17年条例第139号)第8条第1項

処分権者

市長

審査基準

市民会館使用料減免の審査基準

  • 本市文化団体等が使用するとき
  • 市内の幼稚園、保育園、認定こども園、小・中・高等学校、特別支援学校、大学(校)の行う自主文化活動(公演等)で、広く市民に開放されたもの
  • 市内の学校(園)内サークル団体の自主文化活動で、広く市民に開放されたもの
  • 福祉団体、社会教育団体の行う活動で本市芸術文化の向上に資するもの
  • 財団法人下関市文化振興財団の主催又は共催する事業

審査基準設定年月日

平成17年2月25日(最終変更 令和元年10月1日)

所管部署

観光スポーツ文化部文化振興課(電話番号 083-231-4691)

備考

処理に日数を要するため、早めの申請をお願いします。