ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観賞する_展示 > 出張展示 > 下関市役所本庁舎新館の出張展示

本文

ページID:0006600 更新日:2022年5月30日更新 印刷ページ表示

下関市役所本庁舎新館の出張展示

下関市役所本庁舎新館の出張展示のご案内

市役所本庁舎新館1階エレベーターホールでは、美術館の所蔵する美術作品や資料の展示を行っています。お近くにお寄りの際は、ぜひお立ち寄りください。

現在の展示

野村佐紀子(のむら・さきこ)
「トロイメライ」より

野村佐紀子「トロイメライ」より

作品について

 野村佐紀子は高校卒業までを生地・下関で過ごし九州産業大学芸術学部で写真を学びました。1991年よりアラーキーこと写真家・荒木経惟に師事し、その唯一の弟子としても知られています。1993年以降30年近くにわたり、写真集や展覧会で作品発表を続け、緊張感と親密さが混在する写真表現で、国内外から高く評価されてきました。作品は東京都写真美術館や、テート・モダン(英国)に所蔵されるなど、現代日本を代表する写真家の一人です。 この度下関市文化振興奨励賞を受賞し、下関市立美術館で開催中の第16回下関市芸術文化祭・美術展に招待作家として作品が展示されています。

 

これまでの展示

期間 展示内容
2022年  
9月9日~10月18日 末松正樹《南海紀行1》
7月14日~9月8日 山田申吾《烟雨去来》
5月31日~7月13日 ビーズバッグ・コレクションより
3月19日~5月30日 中原麻貴《寂しい窓》
1月19日~3月18日 野村佐紀子《供花》ほか
2021年  
12月3日~2022年1月18日 吉岡 一生《一会一語(いちえいちご)》より
10月18日~12月2日 清水 恒治《蕩尽(とうじん)の島》より
8月27日~10月15日 瑛九《旅人》
7月28日~8月26日 瑛九《風が吹きはじめる》
6月4日~7月27日 岡田又三郎《婦人像》
4月27日~6月3日 桂ゆき《三人三様》《よりあい(じゃがいも)》
2月9日~4月26日 中原麻貴《夜空の下で》《木と少女》
2020年  
11月25日~
2021年2月8日
石山義秀《ペタンク大会》
10月28日~11月24日 伊東丈年《海峡》原型作品
9月1日~10月27日 菅井汲《赤と青》《黄色い矢》
7月20日~8月31日 西田洋一郎《プリズム透影 アンナプルナ》
5月26日~7月17日 植木茂《民家》/堀尾卓司《果》
4月8日~5月25日 (複製画)狩野芳崖《悲母観音》
1月6日~3月30日 中村宗弘《朝富士》

過去の出張展示一覧へ