ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 介護保険課 > 下関市のノーリフティングケアモデル事業所について

本文

下関市のノーリフティングケアモデル事業所について

ページID:0004585 更新日:2022年3月15日更新 印刷ページ表示

 ノーリフティングケアとは、持ち上げ・抱え上げ・引きずりなどのケアを廃止し、リフト等の福祉用具を積極的に使用するとともに、職員の身体に負担のかかる作業を見直すことで、介護する側、される側双方が安全で安心なケアを目指すのものです。
 下関市では、職員の身体的負担が生じるリスクを低減させ、職員が安全で働きやすい職場をつくることを目的として、平成30年度と令和2年度にノーリフティングケアモデル事業所を選定し、市内介護サービス事業所へのノーリフティングケアの普及を目指しています。

ノーリフティングケアモデル事業所

モデル事業所に選定されたのは以下の事業所です。

平成30年度選定

地域密着型介護老人福祉施設 アイユウの苑しおはま
 社会福祉法人 松美会
 083-267-8800

令和2年度選定

特別養護老人ホーム夢の里
 社会福祉法人 夢の会
 083-228-0300

ノーリフティングケアモデル事業所の取組状況

アイユウの苑しおはま

 ノーリフティングケアの取組みとその成果[PDFファイル/2.21MB]

市報掲載記事

 市報しものせき 2019年11月号(右の関連リンクよりご覧ください)

※モデル事業所では、ノーリフティングケアについて視察の受入れ等行っております。
 各事業所へお問い合わせください。

ダウンロード

ノーリフティングケアの取組みとその成果(アイユウの苑しおはま)[PDFファイル/2.21MB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)