ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援 > 下関市こども家庭支援拠点(家庭児童相談室)のご案内

本文

下関市こども家庭支援拠点(家庭児童相談室)のご案内

ページID:0001630 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

こども家庭支援拠点(家庭児童相談室)について

子育てのあらゆる相談に応じます!

支援拠点

しつけや子どもとのかかわり方で悩んでいること、近所で気になる子どもがいる場合には下関市役所こども家庭支援課(231-1980)もしくは、なかべこども家庭支援センター「紙風船」(250-8721)へご相談ください。

ヤングケアラーへの支援について

ヤングケアラーとは、ケアを必要とする人(障害や病気のある家族、幼いきょうだい)などのために、本来大人が担うと想定されているような家族の世話などを、日常的に行っている子どものことです。

 ・児童のみなさんへ「自分がヤングケアラーかも」と思ったら 

 家族のことや自分のことで困ったら、一人で悩まず相談してください。こども家庭支援課(家庭児童相談室)の相談員が、一緒に考えます。
 詳しくはこちら「ヤングケアラーを知っていますか?」

 ・周囲の大人・関係機関のみなさんへ「あの子はヤングケアラーかも」と思ったら

家庭内の問題のため、周りからは判断しにくいですが、子どもたちの日々の様子や地域活動などを通じて「ヤングケアラーかもしれない」と感じた時は、こども家庭支援課までご連絡ください。

 ヤングケアラーについて(厚生労働省)<外部リンク>

 ヤングケアラーについて(文部科学省)<外部リンク>

その他の相談窓口

  ひとりで悩まないで、LINEで気軽に相談してみませんか?

山口県では「つながるやまぐちSNS相談」として、子育ての不安や家庭・親子関係などの悩みを気軽に相談できるように、LINEを活用した相談窓口を開設しています。

・相談内容

 DV、ヤングケアラー、子育ての不安、しつけ、育児、家庭や家族の悩みなど、子どもや子育てに関する相談全般

・利用方法

 下記特設サイトから、LINEの友だち登録して相談を開始してください。

「つながるやまぐちSNS」について(山口県HP)<外部リンク>

つながるやまぐちSNS相談チラシ [PDFファイル/1.34MB]

 電話相談は24時間365日いつでも利用できます!(通話料無料)

〇児童相談所虐待対応ダイヤル189(いちはやく)

〇児童相談所相談専用ダイヤル0120-189-783

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)