ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠がわかったら > 新型コロナウイルス感染症に不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査について

本文

新型コロナウイルス感染症に不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査について

ページID:0005819 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

 新型コロナウイルス感染症の流行下において、妊産婦の方はご自身のみならず胎児・新生児の健康等についても不安を抱えて生活を送っている状況にあります。
 下関市では、国の令和2年度第二次補正予算の成立を受け、新型コロナウイルス感染症に不安を抱える妊娠中の方が検査を希望する場合、1回の妊娠につき1回限り、出産前に新型コロナウイルスの検査が公費で受けられます。

検査について

検査の性質上、実際に感染しているのに結果が陰性になること(偽陰性)や、感染していないのに結果が陽性になること(偽陽性)があります。

結果が陽性となった場合

  1. 感染症法に基づき、症状の有無にかかわらず、原則として指定の医療機関に入院となります。
  2. 分娩方法等が変更(帝王切開や計画分娩等)される可能性があります。
  3. 入院中の面会や分娩時の立会いが制限される可能性があります。
  4. 分娩後、一定期間の母子分離(お母さんと赤ちゃんが別室での管理となり、赤ちゃんに触れたり、授乳することができない)となる可能性があります。
  5. 感染症のまん延防止のために個人が特定されないよう必要な範囲内で公表されます。
  6. 退院後、健康面や育児面などの不安に対し、保健師等による専門的な相談支援(寄り添い型支援)を受けることができます。

対象者

次のすべてに該当する妊婦

  1. 下関市内の医療機関で出産予定(県外からの里帰り出産を含む)
  2. 発熱等の感染を疑う症状がない
  3. 今回の妊娠期間中に同様のウイルス検査を受けたことがない

対象期間

令和2年9月15日から令和4年3月31日の間に実施する検査

検査時期

分娩予定日の概ね2週間前、その他医師が必要と認める時期

検査の申し込み・検査場所

(1)市内の産科医療機関で出産予定の方

下記の医療機関で実施しています。かかりつけ産婦人科へご相談ください。

  • 関門医療センター
  • 山口県済生会下関総合病院
  • 山口県済生会豊浦病院
  • 井町産婦人科医院
  • 野口産婦人科医院
  • 藤野産婦人科医院
  • やかべ産婦人科医院

(2)市外(県内)の産科医療機関で出産予定の方

かかりつけの医療機関にお問い合わせください。

(3)県外の産科医療機関で出産予定の方

かかりつけの医療機関 または 健康推進課母子保健係(083-231-1447)へお問い合わせください。

妊婦の方が検査費用を支払われた場合

 妊婦の方が検査費用を支払われた場合は、検査の後、下関市へ申請していただくと2万円を上限に、検査費用を返還いたします。
 申請をされる方は、下記ダウンロードファイルより、リーフレットをご確認いただき、必要な書類をそろえて、健康増進課母子保健係(市役所西棟3階A(2)窓口)へご提出をお願いいたします。
 詳しくは、健康推進課母子保健係(083-231-1447)までお問い合わせください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)