ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > 市の計画・取り組み > 計画 > 下関市中心市街地にぎわいプランの改訂第3版について

本文

下関市中心市街地にぎわいプランの改訂第3版について

ページID:0002336 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

下関市の中心市街地活性化に向けた事業を取りまとめた「下関市中心市街地にぎわいプラン」を第3版として改訂しましたので、お知らせいたします。

策定の経緯

下関市では、平成21年度から26年度にかけて、国の認定を受けた「下関市中心市街地活性化基本計画」に基づき、基幹事業である「下関駅にぎわいプロジェクト」など76事業を実施しました。その結果、交通結節点の強化が図られ、成果とする指標も概ね目標を達成するなど一定の成果が上がったものの、商店街の空き店舗問題や居住人口の減少などの課題も残りました。

 市としては、中心市街地のにぎわい創出は喫緊の課題であることから、新たな国の認定を目指す方向性を持ちながら計画の策定を視野に入れ中心市街地活性化協議会と協議を進める一方、実行可能な施策からスピード感をもって実施していくことが重要であるとの認識のもと、平成30年1月に設置した「下関市の中心市街地の活性化に係る官民連携会議(通称:下関にぎわい会議)」で議論を行い、このたびソフト事業の実施を中心とした市単独の計画である「下関市中心市街地にぎわいプラン」を策定しました。
 今後、本計画に記載した(1)駅前商業施設等の活性化、(2)駅周辺の住環境の整備、(3)移動環境の整備、(4)創業の促進・事務系企業の誘致、の4つの視点に基づいて、にぎわい創出事業を展開してまいります。

 ※本計画は、次期国の認定計画の策定に向け、各事業の進みぐあいや新たな事業の掘り起こしなどを踏まえ、随時更新していく予定です。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)