ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・事業者 > 商工・農林水産業・港 > 農林水産業 > コイヘルペスウィルス(KHV)病について

本文

コイヘルペスウィルス(KHV)病について

ページID:0001170 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

コイヘルペスウィルス(KHV)病とは

 KHV病とは、コイ(マゴイとニシキゴイ)特有の病気で、他の魚や人に感染することはありません。しかし、コイに対しては強い感染力を持ち、感染したコイの死亡率も高いことから、この病気がまん延すると天然水域や養殖場のコイに大きな影響を与えることが予想されます。

KHV病のまん延防止のために

  • 川や湖・釣り掘などで採捕したコイを、他の川、湖、池などに放さないでください。
  • 飼育しているコイや死んだコイを、川、湖、池などに放したり捨てたりしないでください。

山口県内での発生状況等

 県内のKHV病に関する情報を山口県のホームページからご覧いただけます。

 山口県水産振興課ホームページ<外部リンク>

相談窓口

 山口県に相談窓口が設置されています。 飼育しているコイが死んだり、川や湖・池等で大量のコイが死んでいるのを発見した場合は、相談窓口または下関市水産振興課までご連絡下さい。

 コイヘルペスウィルス(KHV)病の相談窓口について<外部リンク>

KHV病関連のリンク先

 コイヘルペスウィルス病に関するQ&A<外部リンク>