ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民活動・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 文化施設 > 下関市立近代先人顕彰館の指定管理者の申込みを非公募により受付けます

本文

下関市立近代先人顕彰館の指定管理者の申込みを非公募により受付けます

ページID:0003863 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

令和4年3月31日での指定期間満了に伴い、下関市立近代先人顕彰館の指定管理者の申込みを非公募により受付けます。

1.施設の概要

  1. 名称 下関市立近代先人顕彰館(愛称:田中絹代ぶんか館)
  2. 所在地 下関市田中町5番7号

2.指定期間

 令和4年(2022年)4月1日から令和9年(2027年)3月31日までの5年間

3.申込可能団体

 公益財団法人下関市文化振興財団

4.非公募とする理由

 次の視点から、下関市立近代先人顕彰館の管理運営を行う指定管理候補者を公募することについての適否を下記(1)~(6)の項目ごとに検証した結果、下関市立近代先人顕彰館の管理運営を行う指定管理候補者の公募を行うことは不適当であり、現在の指定管理者である公益財団法人下関市文化振興財団を指定管理候補者とすることが適当であると判断されるため、下関市公の施設における指定管理者の指定手続き等に関する条例第2条の公募によらず、同条例第6条第1項第1号の規定により、公益財団法人下関市文化振興財団からの申込みを受付けることとします。

  1. 専門性・ノウハウの視点からの検証
  2. 利用者との関係性の視点からの検証
  3. 緊急時の対応の視点からの検証
  4. サービスの質の視点からの検証
  5. 業務の効率性の視点からの検証
  6. コストの妥当性の視点からの検証

5.今後のスケジュール

 申込可能団体から申込書類の提出があった後、下関市指定管理候補者選定委員会(下関市立近代先人顕彰館)により審査します。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)