ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症 > 下関市の新型コロナウイルス感染症の動向について

本文

下関市の新型コロナウイルス感染症の動向について

ページID:0001756 更新日:2022年8月8日更新 印刷ページ表示

下関市の新型コロナウイルス感染症の動向についてお知らせします。

下関市の感染者の状況(8月7日現在)

 下関市の感染者数(累計): 22,013

下関市の感染者数

療養者の状況(8月7日現在)

 
療養者数       2,937人                
  入院        70人
宿泊療養      90人
自宅療養等    2,777人

退院者の入院経過中の重症度(下関市発生例のみ)​

 
  軽症等 中等症1 中等症2 重症 死亡
人数 18,062人 282人 277人 9人 76人
割合 96.6% 1.5% 1.5% 0.0% 0.4%

病院からの報告に基づき8月7日時点で作成

検査数

  • PCR検査数 56,671件(8月7日報告分までの集計) 先週比 +1,802件
  • 抗原検査数  42,046件(8月7日報告分までの集計) 先週比 +2,363件

本市におけるCOVID-19のモニタリング指標

モニタリング指標

※本市として独自のレベル認定は原則行いません。
※「確保病床使用率」「重症者用病床使用率」には他市から受け入れた入院患者を含み、他市に受け入れを依頼した入院患者は含みません。 
※「感染経路不明割合」は新規感染者数が0人の時は「‐」と表示します。
※「直近1週間とその前週の新規感染者数の比較」の「増減率」は前週の新規感染者数が0人の時は「‐」と表示します。
​※「即応病床」とは県の要請により常時「空床」で確保し、患者を即時に受け入れることができる病床です。
※レベル2~4の基準値は山口県が定める数値です。
【レベル0】新規感染者数ゼロを維持できている状況
【レベル1】一般医療とコロナ医療の両立ができている状況
【レベル2】医療の負荷が生じはじめている状況
【レベル3】一般医療を相当程度制限しなければ対応できない状況
【レベル4】一般医療を大きく制限しても対応できない状況


市民事業者の方への支援策