ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境 > 環境保全 > スマートシティの推進 > 【参加者募集】DEGICON SHIMONOSEKI(デジコンしものせき) ~Wakamono Innovation Network 2022~

本文

【参加者募集】DEGICON SHIMONOSEKI(デジコンしものせき) ~Wakamono Innovation Network 2022~

ページID:0074366 更新日:2022年7月4日更新 印刷ページ表示

Wakamono Innovation Network とは

 フードロスを始めとする環境問題は世界的に大きな課題となっており、持続可能な社会の実現に向けた取り組みが各地で行われているところです。

 下関市においてもこの問題に取り組んでいく必要がある中で、下関市で初めての試みであった令和3年度の取り組み(介護デジタルハッカソンin下関)に引き続き、地域の課題解決に、下関の将来を担う若者の発想力・実行力を活かすために、イノベーション創出型コンテストを開催します。

 勉強会や現場へのヒアリングを通して課題を洗い出し、デジタル・デザインを用いてアイデアを検討していただき、さらに専門家によるフィードバックを通してアイデアをブラッシュアップしながら、具現化・実装を行います。普段の生活の中では出会うきっかけがないような、自分とは違った専門性を持つ学生、専門家らと交流する機会を持つことができることも、本企画の大きな特徴です。

 本イベントを通して、社会問題への理解を深め、デジタル・デザインの可能性を学びながら、仲間と一緒にアイデアをかたちにしてみませんか?

開催概要

ポスター

テーマ

 本イベントでは、環境問題の中でも特に、フードロスの課題解決をテーマとします。 また、企業・自治体と連携して、アイデアの具体化・ビジネス化に向けた取り組みも視野に入れています。

イベントの魅力

参加者全体へのメリット

  • Learn(学び)…フードロス対策・IT・デザインに関して、有識者による勉強会・体験イベントを複数回実施予定!
  • Link(つながり)…志を共にした、多様なスキルを持つ仲間と出会える!
  • Lead(行動)…下関市が抱える環境問題に対して、自らアクションを起こせる!

優秀チームへのメリット

  • 1位賞金¥100,000…2位・3位のチームにも賞金あり!
  • 実証実験のチャンス…アイデアを現場で試せる!

スケジュール

スケジュール

表彰

表彰

評価軸

  • 課題設定の妥当性
  • 提案の新規性
  • 実装&技術のクオリティ
  • 現場ヒアリング/現場実証を通したブラッシュアップ
  • 現場での導入実現性
  • プレゼンテーションの完成度

審査員

 coming soon...

主催・共催等

主催

下関市スマートシティ推進協議会

共催

後援

応募方法

募集対象者

下関在住または下関に関わりたい大学生・大学院生・若手社員(おおむね入社3年以内)
※IT・デザインのスキルレベルは問いません

定員

36名

参加費

無料(交通費が発生する場合、参加者負担)

応募方法

1次締め切り:2022年8月21日(木)
申込はこちら​<外部リンク>
参加申込フォーム

お問い合わせ

下関市スマートシティ推進協議会事務局(下関市総合政策部企画課内)
担当:豊川
Tel:083-231-1911
Email:sc.shimonoseki@gmail.com


下関市スマートシティ推進協議会