ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 食品・生活衛生 > ノロウィルスによる食中毒に注意しよう!!

本文

ノロウィルスによる食中毒に注意しよう!!

ページID:0003620 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

ノロウイルスによる食中毒に注意しよう!!

 毎年、冬を中心にノロウイルスによる食中毒が多発しています。ノロウイルスは食品から人、人から食品へ感染が広がり、集団食中毒につながる恐れもあります。

 ノロウイルスによる食中毒を防ぐには、『加熱』『手洗い』『消毒』をしっかりと行いましょう。

ノロウィルスの特徴

  • 牡蠣(カキ)などの2枚貝がウイルスを蓄積することが知られています。
  • 食品中では増殖せず、人の腸管内で増殖します。
  • 感染力が強く、わずかなウイルス(10~100個程度)により発症します。
  • ノロウイルスによる食中毒は、晩秋から春先にかけて多く発生します。

症状

  • 感染後、1日~2日で発症します。
  • 下痢、嘔吐、腹痛、軽度の発熱を呈します。
  • 通常、2日~3日ほどで回復しますが、乳幼児や高齢者などは症状が重くなる場合があり、脱水症状に気をつける必要があります。

予防方法

  • 加熱調理は、中心部を85~90℃で90秒間以上加熱しましょう。
  • 手洗いは必ず石けんを用い、流水で十分に洗いましょう。
  • 調理器具は次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)に浸して、洗浄・消毒をしましょう。

ダウンロード

リンク

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)