ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 動物・ペット > ペット > 犬と猫のマイクロチップ登録制度について

本文

犬と猫のマイクロチップ登録制度について

ページID:0057904 更新日:2022年3月15日更新 印刷ページ表示

令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化されました。

マイクロチップは、直径2ミリメートル、長さが約8から12ミリメートルの円筒形の電子識別器具で、犬猫の場合は、首の後ろの皮下に装着します。それぞれに、 15桁の数字(番号)が記録されており、この番号を専用のリーダー(読取器)で読みとることができます。

番号をデータベースに照会することによって、飼い主の電話番号等の検索が可能となり、飼い主に連絡をとることができます。

下関市動物愛護管理センターでは、保護した全ての犬猫に対して、マイクロチップ装着の有無をリーダー(読取器)で確認しています。

マイクロチップを装着していたことにより、飼い主に連絡がとれ、スムーズに返還できたケースが増えてきています。

マイクロチップの装着は獣医療行為になりますので、動物病院の獣医師に相談してください。

詳しいことは環境省のホームページをご覧ください。

 

令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化されました。

マイクロチップは、直径2ミリメートル、長さが約8から12ミリメートルの円筒形の電子識別器具で、犬猫の場合は、首の後ろの皮下に装着します。それぞれに、 15桁の数字(番号)が記録されており、この番号を専用のリーダー(読取器)で読みとることができます。

番号をデータベースに照会することによって、飼い主の電話番号等の検索が可能となり、飼い主に連絡をとることができます。

下関市動物愛護管理センターでは、保護した全ての犬猫に対して、マイクロチップ装着の有無をリーダー(読取器)で確認しています。

マイクロチップを装着していたことにより、飼い主に連絡がとれ、スムーズに返還できたケースが増えてきています。

マイクロチップの装着は獣医療行為になりますので、動物病院の獣医師に相談してください。

詳しいことは環境省のホームページをご覧ください。

 

・(環境省ホームページ)犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQ&A<外部リンク>