ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスに関する市長からのメッセージ

本文

新型コロナウイルスに関する市長からのメッセージ

ページID:0050752 更新日:2022年8月9日更新 印刷ページ表示

令和4年8月9日

市民の皆様へ

 全国において、連日のように新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が過去最多となる地域が確認されており、第7波の収束がいつになるか予測がつかない状況となっています。
 本市においても、8月2日には500人を超える新規感染者が確認され、感染拡大が続いています。
 現在の医療状況としては、病床使用率が引き続き増加傾向にあるなど、予断を許さない状況となっています。
 これからお盆の帰省時期を迎え、人の移動が活発になり会食等の機会も増えると思いますが、引き続き基本的な感染防止対策として、3密を避け、適切なマスクの着用や手洗い、換気などを徹底していただきますようお願いします。
 また、特に、重症化リスクの高い高齢者等に感染を拡げないことが重要です。感染不安を感じる無症状の方は、無料の集中PCR検査や薬局等での検査を活用していただくとともに、新下関駅構内においても8月5日から8月18日までのお盆期間中に臨時の無料検査所が設置されますので、帰省や旅行の際には積極的に活用し、安全・安心を高めてください。
 なお、発熱や咳など、少しでも感染を疑う症状がみられるときは、重症化リスクの高い高齢者等との接触を避けるようにお願いいたします。
 最後に、ワクチン接種については、ご自身やご家族などの大切な方を守るため、是非接種の検討をお願いします。
 ご理解、ご協力をお願いいたします。

下関市長 前田晋太郎

令和4年7月20日

市民の皆様へ

 全国的に新型コロナウイルス感染症の感染者が急増しており、「第7波」と言われている今回の感染拡大の理由としては、オミクロン株の新系統「BA.5」の拡大やワクチン予防効果の低減が挙げられています。
 本市においても7月20日には、新規感染者数が過去最多となる400人となり、若年層を中心に市内各地で感染が拡っています。
 現在の医療状況としては、入院医療がひっ迫した状況ではありません。しかし、現在のペースで感染者の増加が続くと、病床がひっ迫してくる可能性もあります。
 これから夏休みを迎え、人の移動が活発になり、帰省に伴う会食等の機会も増えると思いますが、3密を避け、会話時のマスクの着用や手指の消毒、換気など基本的な感染防止対策を徹底するとともに、外食する際には「やまぐち安心飲食店」の認証店を利用するなど、気を緩めることなく感染予防に努めていただきますよう引き続きお願いします。
 ワクチン接種については、重症化等を予防しますので、是非、接種の検討をお願いします。
 また、感染不安を感じる方は、無料の集中PCR検査や薬局等でのPCR検査等を実施していますので、積極的な利用をお願いします。
 なお、発熱や咳など、感染を疑う症状がみられるときは、かかりつけ医や受診・相談センター等に相談してください。
 ご理解、ご協力をお願いいたします。
下関市長 前田晋太郎

令和4年3月9日

 市民の皆様へ

 本市においては、昨日の新規感染者数が過去最多の242人を記録し、本日の新規感染者数も199人と高い水準で感染拡大が続いており、非常に危機感を抱いています。
 最近の傾向としては、特に10歳未満の子どもたちの感染が急増しており、そこから家庭内で感染が広がり、更には職場や施設などに繋がっていると考えられます。
 そのため、小学校の児童や就学前施設の園児にフォーカスし、3つの集中的な対策を実施することといたしました。

 1つ目は「児童の3日間の外出自粛と小学校の一斉休校」です。
 3月11日から3日間を集中対策期間とし、可能な限り外出を自粛していただくこととし、そのため11日は小学校を一斉休校とするものです。

 2つ目は「園児の家庭保育のお願い」です。
 3月10日から21日までの間、保育園などの就学前施設に通う園児について、可能な場合はご家庭での保育をお願いするものです。

 3つ目は「児童・園児への集中的PCR検査の実施」です。
 学級閉鎖となった学級の児童や園児に対して、感染の連鎖を断つため、郵送によるPCR検査を実施するものです。

 これらの集中対策により、子どもたちを守り、感染拡大に歯止めをかけたいと考えていますので、対象となる児童、園児の保護者の皆様におかれましては、ご理解、ご協力をお願いいたします。

下関市長 前田晋太郎

令和4年2月18日

市民の皆様へ

 県内の新規感染者数や病床使用率が減少傾向であることから、山口県においては、「まん延防止等重点措置」が2月20日をもって解除されることとなりました。
 しかしながら、市内の感染状況をみると、新規感染者数は依然高止まりしており、収束に向かっているとは言い難いことから、引き続き感染拡大を抑制する対策が必要であると考えています。
 特に未就学児や小学生など10代以下の感染例が多いことから、「ふくふくこども館」、「児童館」、「Mooovi下関」については、引き続き休館することとし、期間を3月6日まで延長することにしました。
 感染状況によっては、更に延長する場合も考えられ、皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願いします。
 「まん延防止等重点措置」が解除されても、感染リスクが高まる場面には注意が必要ですので、大人数や長時間での会食はお控えいただくようお願いします。
 また、子どもへの感染の広がりにより、家庭内で感染し、更には職場、施設などに繋がっているケースが増えていますので、マスクの着用や手指消毒など基本的な感染予防対策を怠らず、軽微な症状であっても医療機関を受診していただくようお願いします。

下関市長 前田晋太郎

令和4年1月28日

市民の皆様へ

 山口県においては、「まん延防止等重点措置」の適用期間が2月20日まで延長され、2月1日から本市も含めた県内全域をその対象区域として感染拡大防止集中対策が実施されることとなり、2月1日からは飲食店等に対して営業時間の短縮要請が行われるとともに、会食は4人以下とすることが求められています。
 お隣の福岡県でも、1月27日から「まん延防止等重点措置」が全県に適用されていますので、県外との往来はやむを得ない場合を除き極力控えていただくようお願いします。
 現在、オミクロン株の広がりにより、全国的に感染者が増え続ける中、本市においても連日100人を超える感染者が確認されています。今後は若い方々から高齢者等に感染を拡げないことが重要になります。
 市内では未成年の感染者の割合が4割近くを占めていますので、特に医療機関や高齢者施設等重症化リスクの高い方と接する皆様は、家庭内での感染防止にも注意をしていただきたいと思います。また、軽微な症状であっても出勤せず、医療機関を受診していただくよう徹底をお願いします。
 一人一人の心がけこそが、感染拡大を抑えるために必要な土台となりますので、感染リスクが高まる場面を意識して、3密の回避、マスクの着用や手指消毒など基本的な感染予防対策を継続していただくようお願いします。

下関市長 前田晋太郎

令和4年1月24日

市民の皆様へ

 感染力が非常に強いオミクロン株の広がりにより、全国的に感染者が爆発的に増え続けており、本市においても先週21日には過去最多となる105人の新規感染者を記録するなど、連日、多数の感染者が確認されています。
 県内の状況も同様で、山口県において「まん延防止等重点措置」の期間延長を国に要請するとともに、本市を含む県内全域を「まん延防止等重点措置」の対象区域とし、飲食店等への営業時間短縮要請を行う方針が決定されました。
 これを受け、感染拡大の機会を減少させるため、公共施設において大声を伴う利用や飲食を伴う利用を禁止することとしました。
 また、未就学児の感染が拡大していることから、「ふくふくこども館」などこども向けの施設については、「まん延防止等重点措置」の適用期間中は休館することとしました。
 これらの部分的に限定した対応により、なるべく社会経済活動を維持しながら、感染拡大を抑えていきたいと考えています。
 オミクロン株は、感染力は強いが重症化率は低いとも言われており、本市においても幸い重症者はいませんので、感染者数の増加だけで不安に思うことなく、これまでの経験を生かし、感染リスクが高まる場面を意識して、3密の回避、マスクの着用や手指消毒など基本的な感染予防対策を継続していただくようお願いします。

下関市長 前田晋太郎

令和4年1月5日

市民の皆様へ

 本市の感染状況については、10月下旬から落ち着いた状況が続いていましたが、本日69日ぶりに4人の新規感染者が確認されました。
 感染力が非常に強いオミクロン株の広がりにより、全国的に感染者が増加しており、本市においても今後感染が拡大していくことが想定されています。
 オミクロン株への対応についても、これまでの経験を活かし、感染リスクが高まる場面を意識して、ワクチン接種後であっても油断することなく、3密の回避、マスクの着用や手指消毒など基本的な感染予防対策を継続していただくようお願いします。
 ワクチン接種については、医療機関や高齢者施設の方から3回目の接種を開始しており、今後2回目接種から一定期間経過した方から順次接種券を発送していきます。ワクチン接種は発病と重症化を予防しますので、まだ接種されていない方も含めて、是非、接種をご検討ください。
 また、現在、山口県では、郵送で行う無料の集中PCR検査を実施しています。下関市でも相談窓口で受け付けていますので、皆様には、積極的な利用をお願いします。
 できる限り感染拡大を防ぎ、平穏な日常をお過ごしいただくよう改めて皆様にお願い申し上げます。必要な情報は随時私どもから発信をいたします。ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

下関市長 前田晋太郎

 

過去のページ

 令和3年以前の「新型コロナウイルスに関する市長からのメッセージ」は、以下からご覧ください。

 新型コロナウイルスに関する市長からのメッセージ​(令和3年以前)


市民事業者の方への支援策