ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 水道・下水道 > 下関市上下水道局優秀工事及び優秀工事現場技術者表彰について

本文

下関市上下水道局優秀工事及び優秀工事現場技術者表彰について

ページID:0058225 更新日:2022年6月20日更新 印刷ページ表示

 下関市上下水道局では、建設工事の適正な施工の確保並びに建設技術者の資質向上を図ることを目的として、他の模範となる優れた工事(受注者)並びに当該工事を担当した現場代理人、主任技術者又は監理技術者の表彰を行っています。

1.表彰の種類

 表彰は、次の2種類です。

(1) 優秀工事表彰

(2) 優秀工事現場技術者表彰

2.対象工事

 表彰年度の前年度に完成検査を完了した請負代金額500万円以上の工事のうち、水道部門、下水道部門及びその他部門の3部門の次に掲げる工事を対象とします。

(1)水道部門 水道施設工事のうち、上水道における導水管、送水管又は配水管の布設工事(工業用水道管布設工事を含む。)

(2)下水道部門 土木一式工事のうち、下水道管渠布設工事(雨水渠布設工事を含む。)

(3)その他部門 前2号に掲げるもの以外の工事

※年度をまたがる継続工事については完成年度を対象年度とします。

※付帯工事については対象外とします。

3.表彰基準

1 優秀工事表彰する工事は、次の各号の全て基準を満たさなければならない。

(1)下関市上下水道局請負工事成績評定要領による評定点が82点以上であること。

(2)表彰年度の前年度の開始の日から表彰の日までに完成検査を完了した工事(対象部門以外の工事、請負代金額が500万円未満の工事及び共同企業体の構成員として受注した工事を含む。)において、65点未満の評定点を受けた者が施工したものでないこと。

(3)契約を締結した日の属する年度の開始の日から表彰の日までに指名停止を受けた者が施工したものでないこと。

(4)契約を締結した日の属する年度の開始の日から表彰の日までに法令違反、安全管理上の義務違反、その他表彰するにふさわしくない行為をした者が施工したものでないこと。

(5)対象工事を主管する所属長の推薦があること。

2 優秀工事現場技術者表彰をする工事は、前項に該当し、かつ、評定要領による配置技術者についての細目別評定点が3.5点以上であること。

※ 表彰基準の第2項を満たしていない工事に関しては、優秀工事表彰の対象とはなりますが、優秀工事現場技術者表彰の該当者はなしとなります。

3 表彰年度の開始の日から表彰の日までの期間における事由により、第1項第2号から第4号までの規定による表彰基準を満たさないこととなった場合は、当該事由を表彰基準の事由としないことする。

令和4年度表彰について

 令和3年度に完成した請負金額500万円以上の工事(水道部門21件、下水道部門36件、その他部門20件)の中から、特に優秀な成績と認められた工事について表彰いたしました。

令和4年度 水道部門表彰工事一覧 [PDFファイル/51KB]

令和4年度 下水道部門表彰工事一覧 [PDFファイル/80KB]

令和4年度 その他部門表彰工事一覧 [PDFファイル/50KB]

水道部門 [PDFファイル/220KB]
下水道部門 [PDFファイル/938KB]
その他部門 [PDFファイル/162KB]

令和4年度 表彰対象工事データ [PDFファイル/45KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)