ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 水道・下水道 > 水道事業ガイドラインに基づく主要背景情報(CI)及び業務指標(PI)について

本文

水道事業ガイドラインに基づく主要背景情報(CI)及び業務指標(PI)について

ページID:0005642 更新日:2021年11月29日更新 印刷ページ表示

上下水道局では水道事業ガイドラインに基づく主要背景情報(CI)及び業務指標(PI)の算出結果を公表しています。

水道事業ガイドラインとは

水道事業の多岐にわたる業務を統一した基準で数値化することにより、お客様への情報開示、透明な事業経営及び説明責任を客観的に示す手段とすることを目的として2005年1月に社団法人日本水道協会(2013年から公益社団法人に移行)が制定した規格です。
規格の制定以降、新水道ビジョンの策定、東日本大震災を受けた耐震対策の強化、水質基準などの水道関係法令の改正といった水道事業を取り巻くコンテクスト(背景)が大きく変化していることなどを踏まえ、平成28年3月に改正されております。算出結果は改正後の規格に基づき公表しています。

水道事業ガイドラインは各水道事業体の背景となる主要背景情報(コンテキストCI:Context Information)と、水道事業活動全般を多目的に定量化する規格である業務指標(PI:Performance Indicator)から構成されています。

業務指標(PI:Performance Indicator)は「清浄にして豊富低廉な水の供給を図り、公衆衛生の向上と生活環境の改善に寄与する」と言う水道サービスの目的を将来にわたって達成し続けるために、「安全で良質な水」「安定した水の供給」「健全な事業経営」の3つの目標に分類されています。

主要背景情報及び業務指標を算出することで、水道事業を様々な角度から客観的に分析・評価することができます。

算出結果一覧

主要背景情報(CI)と業務指標(PI)の算出結果は下記をダウンロードしてご覧下さい。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)